羽生結弦のGPファイナル優勝に中国女子も歓喜! 一方、放送事故に怒りの声も

 

中国でも「yuzuの演技は完璧だった、すばらしい!」などと羽生選手を絶賛

スペイン・バルセロナで行われたフィギュアスケート: グランプリ(GP)ファイナルは、12月13日に最終日を迎えた。男子フリーでは羽生結弦選手が今季世界最高の合計288.16点をたたき出し、ファイナル2連覇を果たした。怪我をしてからたったの1カ月、見事な復活をとげた羽生選手。「今スケートできることは一番幸せ」というコメントにはファンならずとも感動を誘う。

もちろん、羽生ファンは世界にも多く、中国版ツイッター「ウェイボー」でも羽生愛を叫ぶ女性が多い。

「yuzuが喜んでると、私もうれしい」

中国の羽生ファンは羽生選手のことを「yuzu」「柚子」「哈牛(「はにゅう」と発音する)」という愛称で呼び、親しんでいる。

「絶対やると思ってた! あなたが常に挑戦し続けていることは誰もが知っている。羽生結弦に並ぶ者なし!」「オリンピックでトップをとった後、GPファイナルでもトップとなったのは史上初! こんなに難しい情況の中、ほんとにすごい!」「yuzuの演技は完璧だった、すばらしい!」

スケートファンらしいコメントの中にちらほらと、「yuzuが喜んでると、私もうれしい」「羽生結弦カッコいい、萌え、カワイイ、演技が終わった後、カメラに向かって舌出してたところとか、あああ! かわいくて死んじゃう!!」などという恋する女の子のようなコメントも見られる。

羽生選手の発音を間違えた解説者に怒りの声も

ただ、中国での放映ではちょっとした事故があった。女性解説者が羽生選手の「弦(xian)」を「xuan」と発音してしまったのだ。

「(某テレビ局は)レベルチェックをするべき! 彼の名前はそんなに変わった字じゃないのに!」「字も読めないなんて、どうやって高校を卒業したの?」と、中国の羽生ファンたちの怒りは凄まじかった。ここまで怒るほど日本人選手が愛されているなんて、日本人としてはなんだかうれしい気がする。

※本文と写真は関係ありません

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

女になったKABA.ちゃん、目標はグラビア「女性の部分でできなかったことを」
[15:57 9/28] エンタメ
宇都宮LRT整備事業、国土交通省が正式に認定 - 2019年12月の運行開始めざす
[15:57 9/28] ホビー
山田孝之、映画『ジョジョ』史上最低の殺人鬼役に「たぶん素に近い」
[15:50 9/28] エンタメ
メルセデス・ベンツ、クラス初のオープンモデル「Cクラス カブリオレ」発売
[15:47 9/28] テクノロジー
JPCERT/CC、OpenSSLの脆弱性に注意喚起
[15:46 9/28] 企業IT