CCCが展開する「湘南 T-SITE」にアップル製品の販売/修理店がオープン

  [2014/12/12]

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC) はパナソニックが代表を務める神奈川県藤沢市のスマートシティプロジェクト「FUJISAWA サスティナブル・スマートタウン(SST)」内に複合商業施設「湘南 T-SITE」を開業した。同施設内には、CCCとアップルとのコラボレーションによる「T-SITE Apple Authorized reseller」と、カメラのキタムラの運営によるサービス専門窓口「T-SITE Apple正規サービスプロバイダ」がテナントを構えている。

T-SITE Apple Authorized reseller

ポップアップスペースにはBeatsのヘッドフォンが

サードパーティのアクセサリ類の品揃えも充実

造形作家の作品の展示、販売も行っている

「湘南 T-SITE」は、心動く「湘南スマートライフスタイル」の発信拠点をコンセプトに、「蔦屋書店」で書籍の販売を行うほか、レストランなどが店舗を構えている。この施設内に、CCCとアップルとのコラボレーションによる「T-SITE Apple Authorized reseller」がオープンした。同ショップでは、iPhoneを入り口にしたライフスタイルを提案し、そこからiPadやMacなどのアップル製品を有機的に結びつけ販売を行っていく。店舗ではCCCのスタッフがコンシェルジュとなり顧客のニーズに応えていく。店舗のデザインはApple Storeとテイストは近いが、独自のものということだ。デザインを担当したのは、クライン・ダイサム・アーキテクツ。彼らは代官山T-SITEなどを手がけたことで知られている。 アップル製品はもちろん、サードパーティのアクセサリ類の品揃えも充実している。特に、イヤフォンは全て試聴を可能にするなど、注力してるアイテムとのことだ。他のアクセサリも独自のセレクトで、靴を試着するように試すことができる。さらに造形作家の作品を展示、販売も行っている。また、ポップアップスペースを設けており、ここで注意をひいて、奥のMacなどを展示したスペースに誘導するようにしている。ポップアップスペースは現在、Beatsのヘッドフォンがディスプレイされているが、定期的に模様替えを行っていくという。

T-SITE Apple正規サービスプロバイダ

専門知識を有したスタッフが応対

また、カメラのキタムラによるサービス専門窓口「T-SITE Apple正規サービスプロバイダ」も同時にオープン。ここではアップル製品の修理などを行なう。同社はすでに全国展開で正規サービスプロバイダのサービスを提供しているが、ここではフロアの書籍を閲覧するためのスペースが設けられているのが特長だ。店内のデザインはここでも、クライン・ダイサム・アーキテクツが担当。彼らは建物全体を手がけており、湘南 T-SITEのコンセプトに沿ったものに仕上げている。

「湘南ラウンジ」に設置された初代iMac、Apple IIe、Macintosh 128K

「T-SITE Apple Authorized reseller」と「T-SITE Apple正規サービスプロバイダ」が並ぶフロアには「湘南ラウンジ」という寛ぎのスペースが設置されているが、ここでは今後、ワークショップやイベントが実施されるとのことだ。このラウンジには、多摩美術大学メディアセンターの協力により、Apple IIe、Macintosh 128K、初代iMacが展示されている。この展示も今後変更を検討しているという。

人気記事

一覧

新着記事

エプソン、幅45mmのウルトラコンパクトPC - 光学ドライブ搭載モデルも
[11:04 5/31] パソコン
「妊婦の歯周病が早産リスクを高める」 ‐ 子を持つ男女の7割は知らず
[11:02 5/31] ヘルスケア
日本HP、23.6型4K液晶を採用した一体型ワークステーション「HP Z1 G3」
[11:00 5/31] パソコン
経営者は「経済小説」がお好き? - 社員との意識比較調査発表
[11:00 5/31] マネー
【インタビュー】ティントリが注目するテクノロジーとは? - 米Tintri EVP Tony Chang氏に聞く
[11:00 5/31] 企業IT