ピンクの「GALAXY S5」があるのは日本だけ! - その理由は……

NTTドコモと、KDDI(au)から発売中のAndroidスマートフォン「GALAXY S5」(サムスン電子製)。世界約150カ国で発売された同機種だが、「sweet PINK」(ドコモ)、「Champagne Pink」(au)というピンク系のカラーバリエーションが発売されたのは日本だけとなっている。その理由について、サムスンは公式ブログ上で伝えている。

「GALAXY S5 SC-04F」sweet PINK

「GALAXY S5 SCL23」Champagne Pink

ブログによると、ピンク系の「GALAXY S5」を日本でのみ発売している理由は「日本人はピンク色の物が好きだから」だという。根拠として、日本人の好きな花が「桜」であること、「ハローキティ」が好きであること、日本人女性が「ファッションにピンクを取り入れる」ことが多いことを挙げている。

「桜」については、3月下旬から4月中旬に日本人は毎年桜の下でお花見をすると紹介。また、「国全体がピンク色と恋に落ちる」と解説した。

「ハローキティ」については、若者から大人にまで愛されているキャラクターだと解説し、ハローキティのラッピングバスや文房具などのグッズを紹介。日本人がピンク色を好きな例の1つとしている。

加えて、ファッションにピンク色を取り入れた女性をよく目にすることも、日本人がピンク色を好きな好例だと紹介。これらを日本でピンク系の「GALAXY S5」を発売した理由としてまとめている。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事