「歩きスマホ」、“危険”とわかっていても7割以上が経験有り - MMD調査

  [2014/12/03]

MMD研究所は2日、スマートフォンを所有している男女648人を対象に行った「2014年歩きスマホに関する実態調査」の結果を公開した。同調査結果によると、ほぼ全員が歩きスマホを危ないと認識しているが、7割以上の人が「歩きスマホの経験あり」と回答した。

「2014年歩きスマホに関する実態調査」は、歩行中のスマートフォン操作(歩きスマホ)に関する実態調査。歩きスマホについて「危ないと思う」が82.4%、「やや危ないと思う」が16.2%で、合計98.6%の人が「危ない」と回答している。

「歩きスマホについて」

また、歩きスマホをしたことがあるかという質問には、7.3%の人が「日常的に操作している」、28.5%の人が「時々操作している」、37.3%の人が「ほとんど操作しない」と回答。合計73.1%の人が歩きスマホを経験していることがわかった。

「歩きスマホをした経験」

次に、歩きスマホを経験したことがあると回答した人に、人や物にぶつかったまたは怪我をしたことがあるか質問。17.5%の人が「ぶつかったまたは怪我を経験がある」と回答した。2013年に同研究所が行った調査と比べ8.7ポイント増加している。

「歩きスマホをしてぶつかったまたは怪我をした経験」

(記事提供: AndroWire編集部)

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

山路徹、女性30人に"不倫は純愛の要素が強い"と力説…反感買い孤立無援化
[08:00 5/30] エンタメ
「遠隔操作市場」の科研費、2位の北大は4億9,045万円 - 1位は?
[08:00 5/30] マネー
綾瀬はるかと菜々緒が2位! ワキがキレイそうな有名人1位は?
[07:30 5/30] ヘルスケア
シニアに最も多いタイプは「無趣味で世の中に無関心」なミノムシ型?
[07:30 5/30] ヘルスケア
【連載】銀行員は見た! 第51回 異物混入事故
[07:30 5/30] マネー

特別企画 PR