キヤノンがYouTube公式チャンネル開設 - 一眼レフの "本気" 動画も公開

 

キヤノンは11月28日、YouTubeの公式チャンネル「Canon Imaging Plaza/キヤノンイメージングプラザ」を公開した。同チャンネルは全世界のユーザーを対象に、デジタルカメラの撮影技術や写真・映像表現への関心や理解を促進することを目的としたものとなっており、同社製品によって撮影されたイメージ動画や技術解説動画などを多数公開している。

キヤノンのYouTubeユーザーチャンネル「Canon Imaging Plaza/キヤノンイメージングプラザ(日本語チャンネル)」(グローバル版はこちら)

同社は今回のYouTube公式チャンネル開設にあわせ、「ベストショット」のために必死になっている撮影者の姿をとらえたオムニバス動画「Shoot My Best」を公開。2分程度のこの動画には、「絶対いい写真を撮ってやる!」という強い想いを持った撮影者たちの姿が捉えられており、そんな彼らの撮影時の姿がコミカルに、チャーミングに、愛情を持って描かれている。そんな彼らの姿は以下の通り。

白鳥カモフラージュ(コスプレ)で被写体に迫る撮影者(左)と地面に寝転がってベストショットを狙う撮影者

虎にギリギリまで迫る(が最後は全力で逃げる)撮影者たち(左)とケーキマスクで子どもの笑顔を撮ろうとする父親カメラマン

屋根や木に登って俯瞰アートや決定的瞬間を狙う撮影者たち

地面に寝転がってベストショットを狙うママカメラマン(左)と海辺で何かを撮ろうとがんばる女性たち

彼らはどんな「ベストショット」を撮ろうとしていたのか……同社のデジタル一眼レフカメラ EOSシリーズで撮影された渾身の成果物は、以下の動画でしっかりと確認してほしい。

同社は「"カメラ" で撮影することの楽しさ」や「写真や動画で自分の想いを表現する喜び」を世界中のユーザーに伝えるためにこの動画を制作したとしており、今後も世界各国の同社販売拠点で公開中の人気動画も順次アップしていく予定だ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Parrot、80km/hで飛行可能な固定翼ドローン「Parrot Disco」を発表
[17:44 9/27] テクノロジー
小林麻耶、意外な一面を告白「イメージとは違い...甘えるのが苦手」
[17:44 9/27] エンタメ
外国人観光客、ランチ平均単価は1,644円 - 最も高額なのはどの地域の人?
[17:32 9/27] マネー
公共料金の「ビットコイン払い」が可能に!? - まずは"電気代"から
[17:28 9/27] マネー
ふるさと納税を申し込んだ理由、1位は?
[17:27 9/27] マネー