マツダ「CX-5」パトカーに! 広島県警高速隊へ「SKYACTIV-D」搭載4WD車提供

 

マツダはこのほど、警察用パトロールカーとして架装した「CX-5」を、広島県警察本部交通部高速道路交通警察隊(広島県警高速隊)に2台提供したと発表した。

広島県警高速隊に提供した「CX-5」パトロールカー

今回の車両提供は、2014年度末に予定されている中国横断自動車道尾道松江線の全線開通など、年々高速道路が延伸する中で、冬期の厳しい気象環境下での高速道路における交通警察活動用のモニター車両として提供したもの。シビアコンディション下でのクルマの走行性能をモニタリングすることで、より安全で耐久性のあるクルマづくりに役立てていきたいとしている。

提供される「CX-5」は、厳しい使用環境を踏まえ、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」と4輪駆動(4WD)システムを搭載したモデルに。「SKYACTIV-D 2.2」は低速から高速までのスムーズなレスポンスと力強い走りに加え、JC08モードで18.0km/リットル(4WD車)の燃費性能や、ポスト新長期規制に適合した環境性能を実現しており、高速道路における長距離走行に適している。

「CX-5」の4WDシステムは、ドライバーには感じ取れないほどわずかなタイヤスリップなどをリアルタイムにモニターし、その変化に応じてクルマ自身が前後輪の駆動力配分を積極的に自動コントロールする機能を搭載。冬期の厳しい気象環境下においても、安定した走りを保つことができるという。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『THE FLASH/フラッシュ』強敵ゴリラ「グロッド」、フィギュアで登場
[20:30 9/28] ホビー
『まどマギ』一番くじに、ティーパーティーで魔法少女たちの部屋着姿が
[20:00 9/28] ホビー
作曲家・菅野祐悟に聞く『亜人』音楽の作り方 - 痛みや恐怖感を表現するためにドリルや包丁でギターを弾きました
[20:00 9/28] ホビー
あれは危険すぎる…『ガンダムZZ』30周年を記念しRAHDXハマーン様が限定復刻
[19:58 9/28] ホビー
PASMOのロボット、知名度の低さを嘆く - 自ら街角で名刺を配る営業活動開始
[19:57 9/28] ホビー