実写版『パトレイバー』柘植行人が登場、長編劇場版へ繋がる第7章予告公開

 

2015年1月10日に公開される人気アニメ『機動警察パトレイバー』の実写プロジェクト『THE NEXT GENERATION ‐パトレイバー‐ 第7章』の予告編が公開された。

『THE NEXT GENERATION ‐パトレイバー‐ 第7章』より

第7章のエピソード12「大いなる遺産」は、押井守監督本人によって描かれる、1993年に公開されたアニメーション映画『機動警察パトレイバー2 the Movie』の後日譚となっており、2015年5月1日に公開される『長編劇場版』への布石となる、シリーズ中で最もシリアスな展開かつハードな内容になるという。

公開された予告編では、埠頭で釣りをする後藤田隊長(筧利夫)に対してシバシゲオ(千葉繁)が「特車二課の遺産……知りたいかい?」と語りかける場面からスタートする。不穏な音楽が流れ始める中で相変わらず暇そうな隊員たちの姿が映し出され、"特車二課解体の危機"、"動き出すクーデターの幻影"といったキーワードとともに戦車や戦闘ヘリがカットインされていく。そして、後藤田隊長の「嵐が来る」という意味深な呟き、千葉繁の「守るべきものは、あるのかい?」というナレーションなど徹底してシリアスな仕上がり。また、『第7章』の予告編に連なる形で、すでに解禁となった『長編劇場版』の映像も付け加えられており、本作と『長編劇場版』へのリンクが強調されている。


そして、予告編やビジュアルポスターでも片鱗を見せていたが、アニメーション映画『パトレイバー2 the movie』で登場した柘植行人が本作で登場することが明らかになり、後姿で後藤田隊長と対峙している場面カットも公開されている。

『THE NEXT GENERATION パトレイバー』は、これまでTVアニメ、OVA、コミック、小説、劇場版など幅広い展開を続けてきた『機動警察パトレイバー』シリーズ初の実写作品。初期OVAや劇場版1・2を手がけた押井総監督が新たな世代の"特車二課"の物語を全7章と長編劇場版を完全新作で制作している。11月29日からは、エピソード10「暴走!赤いレイバー」とエピソード11「THE LONG GOODBYE」の2話で構成された『第6章』が、2015年1月10日からは、エピソード12「大いなる遺産」と「シリーズ総集編」で構成された『第7章』が公開される。

(C)2014 HEADGEAR/「THE NEXT GENERATION ?PATLABOR-」製作委員会

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】カシオ「EXILIM」とリプレックス「Scene」の連携に見る - ハードウェアとサービスの幸せな関係
[07:00 9/28] スマホとデジタル家電
お金の神様 第20回 ボーナスが実力主義
[07:00 9/28] マネー
ココリコ、ガムを噛みながら打席に入る"メジャー級"の中学同級生が登場
[07:00 9/28] エンタメ
平井理央、"優良物件"のような同級生登場 - グループ交際でディズニーにも
[07:00 9/28] エンタメ
ランドセル選びってどうだった? ママ・パパ300人に直撃--35%が後悔した事は
[07:00 9/28] ライフスタイル

本音ランキング