褐藻類の成分が潰瘍性大腸炎を抑制 - 東京工科大学が発表

 

東京工科大学は11月20日、褐藻類シワヤハズ由来の「テルペノイド・ゾナロール」が、潰瘍性大腸炎を抑制することを発見したと発表した。

同成果は同大学応用生物学部の佐藤拓己 教授らによるもので、米科学誌「PLOS ONE」11月19日号に掲載された。

佐藤教授らが潰瘍性大腸炎モデルマウスを用いた研究で、褐藻類シワヤハズに由来する化合物であるゾナロールを経口投与したところ、大腸における潰瘍を抑制する効果を確認した。ゾナロールが転写因子Nrf2の活性化に作用し、炎症反応を抑制したと考えられている。

シワヤハズ

ゾナロールが潰瘍性大腸炎を抑制する仕組み

褐藻類とは、コンブやワカメなど、褐色をした海産の多細胞の藻類を中心とする生物群。シワハヤズは日本、台湾など北太平洋に分布している。

今後は製薬会社や食品会社と連携しながら、医薬品や健康食品への応用、新たな治療法の開発を目指していくという。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

J・J・エイブラムス、SW「フォースの覚醒」のレン騎士団スピンオフ作を熱望!?
[19:07 7/25] エンタメ
兄弟の愛憎描く「天智と天武」ビッグコミックで完結、「機械仕掛けの愛」も登場
[18:41 7/25] ホビー
損保ジャパン日本興亜、事故調査のドローン飛行に関する包括許可を取得
[18:40 7/25] マネー
Pokemon GO、次のステップはポケモン追加とトレーディング機能? - 海外報道
[18:35 7/25] スマホとデジタル家電
[AKB48柏木由紀]初主演舞台に全力 「全て捨てたつもりで」
[18:30 7/25] エンタメ