新日鉄住金ソリューションズ、AWS連携のシステム構築サービスを開始

新日鉄住金ソリューションズは11月19日、Amazon Web Services(以下、AWS)を利用したシステム構築運用サービスの提供を開始した。

同サービスは、新日鉄住金ソリューションズが提供するクラウドコンピュ ーティングによるITインフラサービス「absonne(アブソンヌ)」を含めた複数のクラウド環境を連携して提供するもの。absonneとAWSの各特徴を活かし、運用を含めワンストップで提供することにより、システムの効率を高め、企業の成長スピードに合わせたITインフラを提供するという。

新日鉄住金ソリューションズは、従来オンプレミスで運用されてきた基幹システムに対して、「absonne Enterprise Cloud Service」を提供してきた。absonne Enterprise Cloud Serviceは、オンプレミスと変わらない柔軟性と他ユーザの影響を受けない占有性を提供することで、企業は資産を持つことなく、IT部門は煩雑な保守運用から解放される。一方、AWSはセルフサービスで利用できる標準性の高いクラウドサービスとして定評がある。

新日鉄住金ソリューションズの顧客の中にも、システムによってabsonneとAWSを使いわける事例が出てきて いることから、今回、この2つのサービスを連携。運用・管理を一括提供することで、顧客に最適なITインフラを提供するという。今後新日鉄住金ソリューションズは、これまでSIerとして培ってきた大規模システムの構築・運用ノウハウを活かし、企業の高度なニーズに対応した統合的なインフラを実現していくとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事