元KARAの知英(ジヨン)、初写真集をメンバーにアピール「ビックリすると思う」

韓国のアイドルグループ・KARAの元メンバーで女優の知英(ジヨン)が16日、都内で、ファースト写真集『~生まれたての私~知英物語』(発売中 3,024円 発売元:講談社)の発売記念イベントを行った。

ファースト写真集『~生まれたての私~知英物語』の発売記念イベントを行った知英

同作品は、KARAを脱退後、今年8月から日本を拠点に女優活動をしている知英が、大人の女性へ成長していく様を写し撮ったファースト写真集。ブルーのミニスカートで美脚を披露した知英は、2万点にのぼるカットから自らセレクトした写真集の発売に、「自分の写真集なので、心を込めて作りました。すごく宝物になりそう」と満足げ。「ワクワクして疲れを忘れるくらい楽しかった」という撮影では、ラストシーンでウェディングドレスも着用し、「小さい頃にお姫様になりたかった夢が叶いました」と微笑んでいた。

また、KARAメンバーにも、「見てくれますかね?見て欲しいですね。多分、メンバーも見たことが無い表情なので、ビックリすると思う」とアピールした知英。お気に入りだという笑顔の写真を、「恋に落ちる瞬間なんですが、自分でも知らなかった表情」と紹介すると、報道陣に「彼氏は募集中?」と聞かれ、「えっ!? いや~どうですかね?」と聞こえないフリで質問を回避。今年のクリスマスは、日本で過ごすことになるが、「いつも家族とケーキを作るのを楽しみにしていたので、今年は日本で1番美味しいケーキを食べたい」と心を弾ませていた。

そんな知英は、現在放送中の連続ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)で雪女のゆきめ役を務め、来年3月には映画『暗殺教室』の公開を控えており、「頑張って、楽しくやってます」と充実した表情を見せつつ、「難しい漢字は、スタッフさんに助けてもらってる。日本語をもっと勉強しなきゃ。今、こうやってしゃべってるのも勉強です」と日本語での演技に悪戦苦闘している様子。日本で女優として再スタートを切り、「歌うのも好きだけど、お芝居が好き。今は女優として頑張りたいと思っています。色んな役をやって、1つの枠にとらわれない女優になりたい」と今後の目標を語っていた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事