鉄拳の感動作、『ベイマックス』パラパラ漫画PV公開! 異例のディズニー公認

 

『絆』や『振り子』などパラパラ漫画の映像作品で高い評価を受けるお笑いタレントの鉄拳が、ディズニー最新作『ベイマックス』のテーマを描いたディズニー公認のパラパラ漫画PVが17日、公開された。

鉄拳(上)と彼が描いたパラパラ漫画の一場面(下)

『ベイマックス』は、14歳の天才科学者・ヒロが、事故で亡くなった兄タダシの遺したケア・ロボット"ベイマックス"とともに、感動の冒険を繰り広げる物語。このたび公開された、鉄拳描き下ろしのパラパラ漫画PVは、ヒロの天才ゆえの孤独と、そんなヒロを心配する兄タダシの姿から始まり、兄とヒロの固い信頼関係、そして、兄がヒロの前からいなくなってしまう悲しさを表現する。その後、ヒロの前にベイマックスが現れ、その優しさによって痛みを乗り越えていくヒロの姿と、兄タダシに重なるベイマックスが感動的に描かれる。

本作のプロデューサー、ロイ・コンリは「彼のパラパラ漫画は大好きですよ。彼とは何度かやりとりをして進めてもらったのですが、最終版は本当に素晴らしい出来となりました。描き続けて、パラパラ漫画も作り続けてください! 本当に最高です!」とメッセージ。監督のドンとクリスも「あなたの絵を気に入りました。とてもキュートでかわいいです。すごく魅力的で、ストーリーも素晴らしい」と絶賛している。

今回のように、ディズニー・アニメーション・スタジオの作品のプロモーションに、スタジオ以外のクリエイターがオリジナルストーリーの映像を作ることは異例中の異例。日本のカルチャーを徹底的に研究し、ディズニーの"日本愛"を込めた作品ということと、鉄拳の作品が映画のテーマを描き切っていることから、特例の公認PVとして配信されることが決定した。

「憧れのディズニーだったので、信じられなかった」とディズニーのキャラクターを描けたことに大感激の鉄拳は、「ベイマックスが、兄のタダシに代わって、弟のヒロを大事にするという部分が伝わるように描きました。みんなが大切な人の存在を感じ、守りたくなる作品になっています」と作品に込めた思いを語る。AIの名曲「Story」がさらに盛り上げる感動の作品は、オフィシャルサイトなどのWEBを中心に配信される予定だ。


(C)2014 Disney. All Rights Reserved.

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「Geekbench 4」登場、最新ハードウエアに対応、モバイル/PCの比較向上
[12:42 9/1] スマホとデジタル家電
国内初、BIMデータを使用した建築確認申請で確認済証が交付
[12:38 9/1] テクノロジー
2面タッチスクリーンは想像以上に使える印象!! - 「Yoga Book」ファーストインプレッション
[12:27 9/1] パソコン
下村尊則あらため下村青、『吉良奈津子』でTVドラマデビュー「青天の霹靂」
[12:17 9/1] エンタメ
日本エイサー、スリムボディでもハイスペックのゲーミングデスクトップPC
[12:04 9/1] パソコン

本音ランキング