東和電子、φ53mmパッシブラジエーターを搭載するテレビ用の卵型スピーカー

東和電子は11月13日、「Olasonic」ブランドの卵型テレビ用スピーカー「TW-D6TV」を発表した。発売は12月上旬で、価格はオープンとなっている。推定市場価格は8,980円(税込)。

「TW-D6TV」

特徴的な卵型キャビネットと大型マグネットスピーカーユニットによる高音質を謳う「Olasonic」ブランドのテレビ用スピーカー。従来モデル「TW-D5TV」より大口径のφ53mmパッシブラジエーターを採用したほか、その前面にプレッシャーボードを配置した。これにより、空気の弾性を活用して力強い低域を再現可能となった。

さらに、ディフューザーの形状を見直すことで、高域の成分を拡散。TW-D5TVより広がりのあるサウンドを奏でる。同社によれば、低域から高域にわたり再現性能をバランス良く向上させたことで、不自然さのない音場を実現可能になったという。

接続は、備え付けのケーブル先端の3.5mmステレオミニプラグをテレビのヘッドホン出力端子に挿し込むだけ。電源は、オートパワー機能により、テレビに連動して自動でオン・オフが行われる。なお、テレビ以外の機器で使用することももちろん可能だ。

アンプ方式はスーパーチャージドドライブシステム方式、アンプ出力は10W×2、周波数特性は80~20,000Hz、スピーカーユニットは50mm径のコーン型フルレンジとなっている。消費電力は最大出力時で2.5W以下、待機時で0.3W以下。サイズはW87×D87×H119mm、重量は760g(ACアダプターを含まず)。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事