おうし座&しし座流星群、"11月17日"が全国的に観測のチャンス!

ウェザーニューズはこのほど、「おうし座&しし座流星群」の観測がピークを迎える11月17日の全国の天気傾向を発表した。

「おうし座&しし座流星群」の11月17日深夜の天気傾向

17日は冬型の気圧配置で、太平洋側は観測に好条件の夜空になるとのこと。日本海側や沖縄では雲の多い予想となっているが、雲が切れるタイミングを狙えば、観測のチャンスはあるという。当日は寒気が流れ込んでおり、全国的に夜は冷え込むため、防寒対策が必要とのこと。

おうし座流星群には目立ったピークはなく、11月下旬にかけて緩やかな出現が続く。一方、しし座流星群のピークは18日の7時頃で、17日の23時頃から18日の5時頃にかけてが観測に最も適した時間帯とのこと。条件が良ければ一夜で2つの流星群を観測できることになる。

同社では17日の22時より、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて全国7カ所から流星の同時中継を行う。流星動画はYouTubeやニコニコ生放送でも配信予定とのこと。なおスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空 Ch.」内に、おうし座&しし座流星群の専用サイトを開設。同サイトでは、中継映像で流星をとらえてから3分以内にスマホに知らせるサービス「流星キャッチャー」の事前登録を行っている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事