「デング熱が猫や犬に感染することはない」東京都獣医師会が発表

公益社団法人東京都獣医師会はこのほど、「デング熱のペット動物への感染」についての情報を発表した。

犬や猫はデング熱を発症しない

同会危機管理室によると、デング熱は文献上、約200年以上前から存在しているが、この歴史の中で、同病の流行地において、犬や猫などが何らかの特殊な疾病に罹患している報告は見当たらず、同病が犬や猫に感染し発症することはないと思われる、としている。

また、犬や猫などが同病に関し、公衆衛生上何らかの役割を演じているということもないという。つまり、犬や猫を媒介して同病が伝染する危険は報告されてないことになる。

WHO(世界保健機構)によると、デング熱は世界で毎年1億人以上の患者が発生していると推測される。病原体はデングウイルスで、蚊が媒介し感染する。臓器移植や輸血などの特殊なケースを除けば、人から人への感染はないとされる。

(画像と本文は関係ありません)

人気記事

一覧

2016年12月3日の運勢

イチオシ記事

新着記事