日本気象が防災意識の高い都道府県ランキングを発表--1位宮城県、東京は?

日本気象はこのほど、地域の防災対策力が見える「みんなの防災力チェック」の結果を公表した。

Googleマップ上に掲載された「防災力都道府県ランキング」

同社は、防災啓発サイト「防災の輪プロジェクト2014」を実施し、その一環で同調査を行っている。同調査は、2013年8月29日から2014年9月30日に、1万5,960人の回答から集計したデータに基づく。

巨大地震の心配な地域が防災力高い傾向

「みんなの防災力チェック」とは、自然災害が発生したときに重要な事前の備えの促進を図った、ユーザ参加型の試みとしている。水や食料の備蓄や家具の固定など、防災の備えに関する質問に答えて、防災力を5段階で判定し、今必要な防災対策を確認することができる。

全国の地域の防災力と都道府県毎のランキングを、Googleマップ上に掲載。防災の備えの必要性、周辺地域の備えに対する意識を知って、一人一人、さらには全国の地域が災害に強くなってもらうことを目的としている。

「全国の防災力ランキング」では、1位が宮城県となった。上位には東日本大震災の被害を受けた地域や、東南海地震が心配される地域が多く、地震や津波への意識が高く感じられるとしている。下位は中国・九州地方の都道府県が比較的多い結果となった。

防災力チェックの17の質問の回答率(チェック率)も公開している。「避難情報の入手」や「非常用持出品の準備」、「災害時の連絡方法の取り決め」は、40%以下と低い結果になった。

防災力チェックの17の質問の回答率(チェック率)

人気記事

一覧

2017年7月27日の運勢

イチオシ記事

新着記事