Microsoft、ウェアラブル端末「Microsoft Band」発表 - 専用アプリも

米Microsoftは29日(現地時間)、ウェアラブル端末「Microsoft Band」と、専用のプラットフォーム「Microsoft Health」を発表した。端末は30日より米国にて販売され価格は199.99ドル。「Microsoft Health」はApp Store、Google Playよりダウンロードでき価格は無料。

「Microsoft Band」

装着イメージ

「Microsoft Band」は、1.4インチフルカラーディスプレイを搭載した、腕時計型ウェアラブル端末。歩数、消費カロリー、心拍数、睡眠の質などを測定することができる。測定したデータは「Microsoft Health」のクラウドサービスで管理・分析することができる。

「Microsoft Health」イメージ

そのほかの機能として「Microsoft Band」は、iPhone、Androidスマートフォン、WindowsPhoneとのBluetooth連携が可能。メールや電話などの通知を「Microsoft Band」上で受けることができる。また、Windows Phone 8.1端末では音声アシスタント機能「Cortana」を利用できる。対応OSと機種は、Windows Phone 8.1 update、Android 4.3から4.4のスマートフォン、iOS 7.1以上のiPhone 4S/5/5c/5s/6/6 Plus。

「Microsoft Band」の主な仕様は次の通り。CPUは、ARM Cortex M4 MCU。ストレージは64MB。本体のサイズ/重量は、幅約11mm×高さ約33mm/約60g。ベルト部分は、Small/Medium/Largeの3モデルを用意する。バッテリ容量は100mAh。連続駆動時間は48時間。GPS、Bluetooth 4.0に対応する。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事