Office 365に新APIが登場

Microsoft Corporation

Microsoftは10月28日(米国時間)、「New Office 365 extensibility for Windows, iOS, Android and web developers - Office Blogs」において、Office 365に新たなAPIを追加したと伝えた。MicrosoftはOffice 365を事業戦略上重要なサービスととらえており、APIの拡張を続けることで開発者のOffice 365の活用を促すとともに、関連するサービスを増加させたい狙いがあると見られる。

今回、追加されたAPIの主な特徴は次のとおり。

  • メール、ファイル、カレンダ、コンタクトなどを操作するRESTベースのAPIの提供
  • ネイティブ・アプリケーション開発のための新たなモバイルSDKの提供
  • 新たなOffice 365アプリランチャーの提供

こうしたAPIを活用すると、例えば利用しているOffice 365のカレンダーに外部のイベント情報を自動的に追加したり、ほかのWebサービスやモバイルアプリとOffice 365内部のデータとをリンクさせたりといったことが可能になる。APIの提供はこうしたさまざまなサービスを可能にするもので、Office 365の価値を引き上げることにつながると見られる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事