宮沢りえ&池松壮亮、『紙の月』グランプリに期待「胸張って」「自信持って」

 

第27回東京国際映画祭「コンペティション」部門・日本代表作品『紙の月』(11月15日公開)の記者会見が25日、東京・六本木ヒルズで行われ、吉田大八監督、キャストの宮沢りえ、池松壮亮が登壇した。

『紙の月』記者会見に登壇した池松壮亮、宮沢りえ、吉田大八監督(左から)

本作は、平凡な主婦が起こした巨額横領事件を描いた映画で、主人公の主婦・梅澤梨花を宮沢が演じ、梨花の不倫相手の大学生を池松が演じる。記者会見で宮沢は、海外メディアの数の多さに驚き、「こんなに注目されているんだっていう興奮がありますし、7年ぶりの主演ということで、大切に大切につくった映画が海外の方に注目されてうれしい」と喜びを語った。

また、「コンペティション」部門の日本代表作品として世界に挑む自信を聞かれると、宮沢は「とても緻密な演出をなさる大八監督と、梨花という役、そして『紙の月』という映画をつくる時間は、妥協なく、これ以上のことはできないと毎回思って、その積み重なりができあがった映画なので、自信があるといえばありますし、胸を張ってみなさんにお届けできる映画になったと思います」と手ごたえを語った。

池松も「せっかく選ばれたからには自信を持って、いい知らせを待ちたい」と期待。吉田監督は「こういう機会を得て、もっと広い世界でどういう位置づけに見えるのか、そういうことを想像するのはすごく刺激的だし、それを楽しみたい」と言い、「競争ですからね。その言葉の意味はわかっているので、負けたくはないですね」と語った。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

i☆Ris、13thシングル「Re:Call」座談会 - この4年間をそれぞれ一言で表すと「積み木・分岐・挑戦・自分・葛藤・芹澤優」
[15:00 7/29] ホビー
『ミニオンズ』新作短編、初の本編映像公開! やりたい放題でお尻もポロリ
[15:00 7/29] エンタメ
アナログ半導体業界再編 - ADIのLinear Technology買収を読み解く
[14:57 7/29] テクノロジー
[長谷川博己]得意満面でゴジラポーズ 竹野内豊が続くも石原さとみは拒否!?
[14:52 7/29] エンタメ
Webデザインの考え方を4分で体験できるサイト
[14:50 7/29] 企業IT

本音ランキング