宮沢りえ&池松壮亮、『紙の月』グランプリに期待「胸張って」「自信持って」

 

第27回東京国際映画祭「コンペティション」部門・日本代表作品『紙の月』(11月15日公開)の記者会見が25日、東京・六本木ヒルズで行われ、吉田大八監督、キャストの宮沢りえ、池松壮亮が登壇した。

『紙の月』記者会見に登壇した池松壮亮、宮沢りえ、吉田大八監督(左から)

本作は、平凡な主婦が起こした巨額横領事件を描いた映画で、主人公の主婦・梅澤梨花を宮沢が演じ、梨花の不倫相手の大学生を池松が演じる。記者会見で宮沢は、海外メディアの数の多さに驚き、「こんなに注目されているんだっていう興奮がありますし、7年ぶりの主演ということで、大切に大切につくった映画が海外の方に注目されてうれしい」と喜びを語った。

また、「コンペティション」部門の日本代表作品として世界に挑む自信を聞かれると、宮沢は「とても緻密な演出をなさる大八監督と、梨花という役、そして『紙の月』という映画をつくる時間は、妥協なく、これ以上のことはできないと毎回思って、その積み重なりができあがった映画なので、自信があるといえばありますし、胸を張ってみなさんにお届けできる映画になったと思います」と手ごたえを語った。

池松も「せっかく選ばれたからには自信を持って、いい知らせを待ちたい」と期待。吉田監督は「こういう機会を得て、もっと広い世界でどういう位置づけに見えるのか、そういうことを想像するのはすごく刺激的だし、それを楽しみたい」と言い、「競争ですからね。その言葉の意味はわかっているので、負けたくはないですね」と語った。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[小松菜奈]ピンクドレスで大胆“美背中” ファッション誌「MERY」カバーガールに
[20:43 9/28] エンタメ
『THE FLASH/フラッシュ』強敵ゴリラ「グロッド」、フィギュアで登場
[20:30 9/28] ホビー
[ジョジョの奇妙な冒険]なぜ第4部を実写化? 続編製作&海外展開の夢も
[20:24 9/28] ホビー
八葉たちが神子のいない世界で思いを歌う「遙かなる時空の中で3」CD発売
[20:09 9/28] ホビー
『まどマギ』一番くじに、ティーパーティーで魔法少女たちの部屋着姿が
[20:00 9/28] ホビー

本音ランキング