Google、Gmailチームが一から考えた新メールアプリ「Inbox」発表

米Googleは10月22日(現地時間)、メールアプリ「Inbox」(Android、iOS、Chrome)を発表した。Gmailの開発チームがGmailで学んだことを活かして一から作り上げた新しいメールアプリである。大量に届くメールを自動的に分類し、情報をインテリジェントに表示する。リマインダ機能やSnooze機能も用意されている。現在、招待制で提供されており、inbox@google.comで招待状のリクエストを受け付けている。

Inboxは「バンドル」「ハイライト」「リマインダ」「Snooze」といった機能を備える。

バンドルは、Gmailのカテゴリを進化させた機能だ。買い物に関するメール(購入の確認、発送通知など)、旅行に関するメール(航空機の予約確認、ホテルの予約確認など)、広告メール、銀行の明細というように、メールが自動的にグループ化される。インボックス内が整理され、メールへのアクセスが容易になる。グループはユーザーがカスタマイズすることも可能だ。

ハイライトはメールの内容から重要な情報を効果的に表示する機能。例えば、商品の発送通知メールにトラッキング番号が含まれている場合、メールのリスト表示で件名と共に商品名、配達予定日、荷物をトラッキングするページへのリンクなどを表示する。ユーザーはメールを開くことなく、配達予定日を確認し、一押しで荷物の配送状況を確認するページに移動できる。

買い物関連のメールが一箇所にまとめられ、商品名や商品の写真、配達予定日といった情報をメールのリスト表示で確認できる。

リマインダはTo-Do機能である。頻繁に確認するインボックスに表示されるので、To-Doの見落としや確認し忘れを防げる。ハイライトと同様のインテリジェントな機能を備えており、例えばレストランを予約するTo-Doを作成すると、そのレストランの情報をWebから収集し、リマインダに連絡先などを表示してくれる。

すぐに対応する必要のないメールやリマンダは、Snooze機能を使って簡単に任意の日時に先送りできる。

Android, Chrome & Appsを担当するシニアバイスプレジデントSundar Pichai氏は「Inboxを使い始めると、すぐにGmailとは違う感覚に気づくでしょう。そこがポイントです。Gmailでありながら、Inboxは新しい。大切なことにより関われるようになります」と述べている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事