Debian、x86系以外のデスクトップを再びXfceへ

The Universal Operating System

Debianプロジェクトは再びデフォルトのデスクトップ環境の切り替えを実施した。その経緯や理由は「Bug#765839: task-desktop: installs a non-working dekstop environment on all but 2 archs - msg#35339」にまとめられている。これによると、amd64(x86_64)アーキテクチャ版およびi386(x86)アーキテクチャ版のデフォルトのデスクトップはGNOME 3のままとし、これ以外のアーキテクチャ版ではXfceをデフォルトのデスクトップ環境にするという。

Xfceへの戻す理由としては、OpenGLに対応したドライバが提供されているアーキテクチャが限られていること、ソフトウェアで同様のことを実現できるLLVMPIPEがコンパイルできるアーキテクチャがamd64、i386、armhf、kfreebsd-amd64、kfreebsd-i386に限られていること、kfreebsd-amd64およびkfreebsd-i386がsystemdに対応していないことなどが挙げられている。

GNOME 3はレンダリングにOpenGLの機能を使うため、この機能が提供されていないハードウェアまたはソフトウェアの構成では性能を十分に発揮できない。また、GNOME 3はsystemd(8)と呼ばれるデーモンに依存しているが、systemd(8)はLinuxカーネルに依存しているため、Linuxディストリビューション以外ではほぼ採用されていないという状況も背景にある。DebianはLinuxカーネル以外のカーネルもサポートしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事