ベッキー・泉ピン子・カンニング竹山『ミュータント・タートルズ』で声優挑戦!

  [2014/10/21]

タレントのベッキー、女優の泉ピン子、お笑いタレントのカンニング竹山が、『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイ監督が手がける実写映画『ミュータント・タートルズ』(2015年正月第2弾公開)の日本語吹き替え声優を務めることが20日、明らかになった。

上段左から、タートルズに囲まれたエイプリル(ミーガン・フォックス)、声を演じるベッキー。下段左から、トンプソン(ウーピー・ゴールドバーグ)、泉ピン子、ネズミのスプリンター、カンニング竹山

本作は、ニューヨークの地下道に住み、悪の手から街を守るカメのニンジャである4人組、レオナルド、ラファエロ、ドナテロ、ミケランジェロの活躍を描いた物語。全米公開では2週連続1位を達成、現在までに約3億5,000万ドルの大ヒットを記録し、すでに2016年に続編公開も決定したが、このたび日本語吹き替え版キャストが決定した。

タートルズの活躍を追いかける美人TVレポーター・エイプリル(ミーガン・フォックス)役には、子供のころからタートルズのアニメやゲームにはまっていたというベッキーが決定。ベッキーは「『ミュータント・タートルズ』は大好きだったのですごくうれしいです! 世界一セクシーなミーガンの役はプレッシャーもありますが、大人っぽく演じられるように頑張ります!」と意気込みを見せる。

そして、エイプリルのTV局の上司で、ウーピー・ゴールドバーグ演じるトンプソン役には、今回がハリウッド映画初挑戦となる泉ピン子。さらに、タートルズの師匠であるネズミのスプリンター役に、ハリウッド実写吹き替え初挑戦のカンニング武山が決定した。

泉は「ウーピー・ゴールドバーグはもっとも好きな役者さんなので『ウソでしょ?』と驚きました! 主人からウーピーのような役ができるといいねと結婚当時に言われたこともあるくらい。憧れの人の声を演じるので緊張しています」と心境を語り、武山は「ネズミの役と言われて・・・どういう声にしようか・・・すごく考えています。タートルズにとってお父さん代わりの役なので、貫禄が出せるように頑張ります」と、ネズミ役にとまどいつつ意気込みを語った。

(C)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

睡眠不足による記憶力の低下は脳への刺激で補える - 理研らがマウスで発見
[11:06 5/27] テクノロジー
高橋一生主演『民王 番外編』最終話に山内圭哉の"新田くん"登場
[11:00 5/27] エンタメ
【特別企画】超級香港迷がオススメ、欲張り男子も満足させる香港の魅力
[11:00 5/27] 趣味
チュート徳井、有吉の思いに涙 -「好かれていない」と悩んでいたが実は…
[10:55 5/27] エンタメ
【コラム】実はこんなに素晴らしい! エンジニア文化の当たり前 第4回 teratail回答ユーザーに聞く、なぜそこまでシェアするの?
[10:43 5/27] 企業IT

本音ランキング

特別企画 PR