PHP 5.6系、5.5系、5.4系最新版登場

PHP: Hypertext Preprocessor

PHPデベロップメントチームは10月16日(米国時間)、「PHP: Hypertext Preprocessor - PHP 5.6.2 is available」において、PHP 5.6系の最新版となる「PHP 5.6.2」を公開したと伝えた。 CVE-2014-3668、CVE-2014-3669、CVE-2014-3670などに関連した4つのセキュリティ関連バグを修正したバージョンとされており、すべてのPHP 5.6ユーザーは同バージョンへアップグレードすることが推奨されている。

PHPデベロップメントチームは同日、「PHP: Hypertext Preprocessor -PHP 5.5.18 is available」において、PHP 5.5系の最新版となる「PHP 5.5.18」を公開したことも伝えた。いくつかのバグが修正されているほか、PHP 5.5.17で発生していたOpenSSL関連のリグレッションバグの修正、4つのCVEに関するセキュリティバグの修正なども取り込まれている。PHP 5.5系を採用しているユーザーへや同バージョンへのアップグレードが推奨されている。

さらに同日、「PHP: Hypertext Preprocessor - PHP 5.4.34 is available」において、PHP 5.4系の最新版となる「PHP 5.4.34」の公開も伝えられた。「PHP 5.6.2」と同じCVEに関連した6つのセキュリティ問題が修正されているほか、「PHP 5.5.18」と同じく1つ前のバージョンで発生してしまったOpenSSL関連のリグレッションバグも修正されている。同チームではすべてのPHP 5.4系ユーザーに対し同バージョンへのアップグレードを推奨している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事