社員のおもてなしレベルアップのため、高級店の飲食費を2万円まで補助

 

社員を対象に、高級レストランの飲食費を年間2万円まで補助(画像はイメージ)

ウエディングプロデュース・レストラン運営のノバレーゼは16日、正社員と契約社員の595人を対象に、ミシュラン三つ星レストランなどの飲食費を、毎年年間2万円まで補助する社員制度の設置を発表した。

一流のノウハウを取り入れる

同制度は、社員が一流の味や接客、雰囲気、サービスに触れ、客として肌で勉強することで、個々人のおもてなしのレベルを上げ、そのノウハウを自社に取り込むことを目的としたもの。

対象のレストランは同社運営の全国12軒。中には10年連続ミシュラン三つ星を獲得したNYのシェフ、ジャン-ジョルジュ・ヴォンゲリスティンが日本一号店として六本木のけやき坂で開業したレストラン「JG(ジェイジー) ジャン-ジョルジュ 東京」も含まれるとのこと。他にも、広島の料亭「三瀧荘」や、大阪のフレンチレストラン「旧桜宮公会堂」、兵庫のフレンチレストラン「ジェームス邸」などがある。

利用はランチやディナーを問わず、上限2万円まで無料で飲食ができる。社外も含め同伴者との利用も可能とし、2万円を超えた場合は、その分のみの負担となる。

(画像は本文とは関係ありません)

関連キーワード

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

「この会社で勉強したい」はOK? NG?
「この会社で勉強したい」はOK? NG?

採用担当者が明かす! 面接でNGな志望理由

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報