Google「Android 5.0 Lollipop」発表、MaterialデザインでUI刷新

Yoichi Yamashita  [2014/10/16]

米Googleは10月15日(現地時間)、「Android 5.0 Lollipop」を発表した。これは6月にGoogle I/O 2014でプレビューが披露され、これまでAndroid Lと呼ばれていたAndroidのメジャーアップデートだ。Android 4.0がリリースされたのが2011年10月。3年ぶりにバージョン番号の最初の数字が上がったAndroid 5.0は、リニューアルと呼べる大胆な変化を遂げている。

Android 5.0でGoogleは「Material Design」を採用し、ユーザーインターフェイスを刷新した。Material Designは、伝統的に優れたデザインの原則と、新しいデジタル機器の可能性を融合した新しいデザインコンセプトだ。大胆な色使い、効果的な余白、意味のあるモーションなどでユーザーを視覚的にガイドし、自然で継続的な操作性を実現する。ウエアラブルデバイスからスマートフォン、タブレット、PC、TVまで、あらゆるサイズのスクリーンに共通したデザインとインターフェイスをもたらすように考えられており、Material Design化でGoogleはマルチスクリーン攻略を推し進める。

複数のデバイスを結ぶ機能として、Android 5.0では通知機能が強化されている。ロックスクリーンで確認・対応できる通知を柔軟にコントロール可能。コンタクトやコミュニケーションの種類から通知の重要度をインテリジェントに判別する機能が向上、プライオリティ・モードで重要な通知だけを受け取るように設定できる。また、サードパーティのアプリからの通知もユーザーが細かくコントロールできる。

64-bitデバイスをサポート。ART(Android Runtime)を標準ランタイムとし、パフォーマンスが最大4倍に向上した。Android Extension Packで、テッセレーションやジオメトリシェーダ、ASTCテクスチャ圧縮をサポートする。Android Smart Lock、LinuxをセキュアにするSELinuxをサポートするなど、セキュリティ機能も向上した。メディア機能は、USB Audioに対応。YUVおよびBayer RAWといったRAW形式のサポート、フレーム単位でキャプチャー設定を制御できるなど、カメラ機能が強化されている。

こうした土台固めに加えて、Android端末を使いやすくする様々な改善・強化も行われている。充電時にフル充電までの推定時間を表示、充電が必要になるまでの時間の推定もバッテリー設定で確認できる。新しいクイック設定で、フラッシュライト、ホットスポット機能、縦横切り換え、スクリーンキャスト設定などにアクセスしやすくなり、Wi-Fi、Bluetooth、ロケーションのオン/オフ切り換えも容易になった。マルチユーザー、ゲストユーザーによるデバイス共有が可能。特定のコンテンツをピン留めすると、そのコンテンツだけ同じデバイスを使う他のユーザーと共有できる。また、NFCを使ってAndroid端末同士をタップさせるだけで、古い端末の内容を引き継いで、新しい端末のセットアップを簡単に完了できる (Tap & Go)。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

Pebble、GPSを内蔵したウエアラブルデバイス「Core」発表 - Androidを採用
[12:24 5/25] 携帯
【連載】3Dペンでカレー沢薫さんを「立体化」してみた 第2回 3Dペンは、カレー沢さんの顔を描くために生まれてきたのかもしれない
[12:00 5/25] テクノロジー
TVアニメ『少年メイド』、第7話のあらすじ&先行場面カットを公開
[12:00 5/25] ホビー
【コラム】週刊こむぎ 第29回 そこにいるだけで 助けになる
[12:00 5/25] 企業IT
【連載】漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第281回 マジックテープを使って
[12:00 5/25] 趣味

特別企画 PR