清水富美加、初の茶髪でキスシーンに初挑戦!「キスの練習もしました」

 

女優・清水富美加が映画『ズタボロ』(2015年公開)でヒロイン役を務め、映画では初となるキスシーンに挑戦したことが15日、明らかになった。

映画『ズタボロ』でヒロイン役となった女優・清水富美加

同映画は、ゲッツ板谷氏の自伝的小説が原作。松田翔太と新垣結衣共演で優等生からヤンキーに転身した少年の姿を描いた『ワルボロ』(2007年)の続編となる。『ワルボロ』では描かれなかった、高校生の持つ鬱屈とした感情や将来への閉塞感、無力感など、よりリアルで切ない感情が描かれる。舞台は、東京・立川。暴走族、不良集団、ヤクザなどの抗争に巻き込まれていく主人公・コーイチと仲間たちの壮絶な生きざまが映し出され、中学を卒業したコーイチを俳優の永瀬匡が演じる。

清水が演じるヒロイン・清美は、コーイチと出会ったことで甘いひとときを過ごしながらも、人には言えない秘密を抱えている女性という設定。自慢の黒髪ロングヘアを人生で初の茶髪にしてテキ屋役になり、映画初のキスシーンにも挑戦する。

舞台『2LDK』で女性とのキスシーン経験はあったものの異性とは今回が初となる清水。「今まで『いつか役でやること』と思っていたことがいきなり『次の役でやること』になったので、未体験ゾーンに突入するわくわくと不安とが撮影前からあって楽しみでした」と撮影前の心境を振り返り、「練習方法は恥ずかしいので伏せますが、キスの練習もしました(笑)。それでもやっぱり現場で何度も監督や永瀬さんやスタッフさんに助けていただいちゃったんですけど(笑)」と事前準備のエピソードを明かした。

清水は、2011年9月からの『仮面ライダーフォーゼ』でヒロイン・城島ユウキ役を演じ、その天真爛漫さでに多くの人に知られる存在に。映画『HK/変態仮面』(2013年)でヒロイン・姫野愛子役を熱演後、2015年3月30日スタートのNHK連続テレビ小説『まれ』では、ヒロイン・希の親友である蔵本一子役に決定している。

『ズタボロ』のキャスティング理由について、東映ビデオの菅谷プロデューサーは「少女のようなあどけなさと、成熟した女性のような色気を持ち合わせた稀有な女優。彼女であれば"清美"という難しい役どころを間違いなく演じてくれると確信した」とコメント。橋本一監督も「一見華やかにみえて、鬱っぽい感情やマゾヒスティックな感じを表現できるところが、この役にピッタリだと思いました」とその魅力を語っている。

映画『ズタボロ』より

(C)2015東映ビデオ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事