サムスン、最大速度4.6Gbpsの無線LAN技術を開発 - 1GBを3秒以内に送受信

 

韓国サムスン電子は12日(現地時間)、60GHzの超高周波帯域を利用した無線LANの新技術を開発したと発表した。新技術では、最大速度4.6Gbpsでのデータ転送が可能だという。

サムスン電子、無線LANの新技術開発

同社が開発した新技術は、60GHz帯の超高周波帯域を利用し最大速度4.6Gbs(575MB/秒)のスピードを実現している。この技術を使えば、スマートフォン間のデータ転送でも容量1GBの動画ファイルを3秒以内に送受信できる。

また、これまでは周囲に無線LANを使用しているユーザーが多数いる場合、電波干渉が生じ通信速度が急速に低下することがあった。新技術では、60GHz帯を利用しているため、そうした電波干渉がほとんどなく、通信速度が低下することが少ないという。

同社では、今回の技術を次世代のスマート端末、映像・医療機器、通信機器、モノのインターネット(IoT)などに応用していきたいとしている。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ここが変わった! キヤノン「EOS 5D Mark IV」 - Mark IIIと実機比較
[08:22 9/1] スマホとデジタル家電
Wi-Fiをオンにするやいなや「ポケモンGO」の現在位置が正確になります!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 9/1] スマホとデジタル家電
大東駿介、『曇天に笑う』で大刀のリアルな殺陣披露「派手に暴れ散らした」
[08:00 9/1] エンタメ
節電対策として家で行っていることは?
[08:00 9/1] マネー
総研大、縄文人の奥歯からDNAを抽出して核ゲノムの配列を決定
[08:00 9/1] テクノロジー