サムスン、最大速度4.6Gbpsの無線LAN技術を開発 - 1GBを3秒以内に送受信

 

韓国サムスン電子は12日(現地時間)、60GHzの超高周波帯域を利用した無線LANの新技術を開発したと発表した。新技術では、最大速度4.6Gbpsでのデータ転送が可能だという。

サムスン電子、無線LANの新技術開発

同社が開発した新技術は、60GHz帯の超高周波帯域を利用し最大速度4.6Gbs(575MB/秒)のスピードを実現している。この技術を使えば、スマートフォン間のデータ転送でも容量1GBの動画ファイルを3秒以内に送受信できる。

また、これまでは周囲に無線LANを使用しているユーザーが多数いる場合、電波干渉が生じ通信速度が急速に低下することがあった。新技術では、60GHz帯を利用しているため、そうした電波干渉がほとんどなく、通信速度が低下することが少ないという。

同社では、今回の技術を次世代のスマート端末、映像・医療機器、通信機器、モノのインターネット(IoT)などに応用していきたいとしている。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

水不足に備えよ! 東急ハンズがすすめる節水グッズ6選
[04:00 7/31] ライフスタイル
ビール付き観覧車に牡蠣つかみ取りも! 札幌の屋上ビアガーデン3選
[04:00 7/31] 趣味
極楽とんぼ、11年ぶり"ケンカ"披露!「懐かしすぎる」「やっぱ最高」の声
[23:45 7/30] エンタメ
シンデレラガールズCD歴代出荷ナンバーワンはあの曲! CD&映像累計300万枚突破&『STARLIGHT MASTER』シリーズ発売記念イベント
[22:46 7/30] ホビー
[笑ってはいけない]お尻たたきは痛いのか? 話題のバスに乗ってみた
[22:45 7/30] エンタメ