OpenSSH 6.7登場

OpenSSH is a FREE version of the SSH connectivity tools that technical users of the Internet rely on.

OpenBSDプロジェクトは10月7日(カナダ時間)、「Announce: OpenSSH 6.7 released」においてOpenSSHの最新版となる「OpenSSH 6.7」を公開したと伝えた。OpenSSHはSSHプロトコルバージョン1.3、1.5、2.0を実装したソフトウェア。UNIX系オペレーティングシステムの管理や運用で広く活用されている。

「OpenSSH 6.7」における主な変更点は次のとおり。

  • リモートのTCPポートをUNIXドメインソケットにフォワーディングする機能を追加
  • ED25519キータイプ向けにSSHFP DNSレコードに対応
  • 中断されたファイルアップロードを再開する機能を追加
  • ~/.ssh/rcを実行するかどうかを制御するPermitUserRCオプションを追加
  • LocalCommandおよびControlPathへユニークな文字列へ展開される%Cエスケープシーケンスを追加
  • OpenSSHの機能をライブラリとして利用できるように内部構造のリファクタリングを実施

「OpenSSH 6.7」ではCBC暗号とarcfour系がデフォルトで無効に変更されたほか、サーバにおけるtcpwrappers/libwrapのサポートも削除されているため、OpenSSH 6.6以前で同機能を使っていた場合は注意が必要。CBC暗号とarcfour*の実装そのものはまだ残っており、オプションを指定して利用可能な状態にすることはできる。

関連記事



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事