米Apple、10月16日にスペシャルイベント開催 - 招待状の配布を開始

 

米Appleが10月16日(米国時間)に、カリフォルニア州クパチーノにあるApple本社でスペシャルイベントを開催する。開始時刻は現地時間の午前10時、日本時間の10月17日午前2時だ。

9月にフリントセンターで行われたiPhone 6、iPhone 6 Plus、Apple Watchの発表イベントに続く、Appleにとって今年2回目のスペシャルイベントになる。今回はiPadとMacの新製品、そしてOS X Yosemiteのリリース日の発表などが予想されている。

会場の大きさだけで判断すると、本社講堂で行われる今回のイベントは前回よりも小さな規模になるが、前回に劣らず重要なイベントになりそうだ。報道関係者などに配布されている招待状にはカラフルなリンゴのイラストに「It's been way too long」と書かれており、今年30周年を迎えたMacが新たな歴史に踏み出すのを予感させる。また、OS X Yosemiteの最終版の登場によってiOS 8とOS X Yosemiteの優れた連携が実現するため、Appleのプラットフォームも新たなフェーズへ進むことになる。

人気記事

一覧

新着記事

サンブリッジ、名刺情報をマーケティングに活用できるソリューション
[17:19 9/30] 企業IT
【特別企画】新たな顧客体験を生み出すフリーWi-Fi環境をPARCOの国内全店舗へスピーディ・低コストに展開
[17:18 9/30] 企業IT
セールスフォース、Apple Pay対応やAI搭載の「Salesforce Commerce Cloud」
[17:16 9/30] 企業IT
AIに代替されないと思う職種、1位は?
[17:14 9/30] シゴト
ドットマリオがTカードに!? - 「ニンテンドークラシックミニ」発売記念
[17:13 9/30] マネー