Facebookの言語に“関西弁”が追加 - 「いいね!」が「ええやん!」になるで!

米Facebookは8日、同社が運営するSNS「Facebook」上で使える言語に、「関西弁」を追加したことを発表した。世界中どこからでも、関西弁で表現された「Facebook」を使えるようになる。同機能は、PC向けのデスクトップサイトか、モバイルブラウザ向けサイトで利用できる。

「近況アップデート」画面、「日本語」(左)、「日本語(関西)」(右)

「投稿」画面、「日本語」(左)、「日本語(関西)」(右)

Facebookでは、これまでも様々な国や地域の言語のほかに、「English(Upside Down)」(英語逆さまバージョン)、「English(Pirate)」(英語海賊バージョン)といった、ユニークな言語を提供してきた。そこに今回新たに「日本語(関西)」が加わる形となる。

関西弁の表現になる言葉の例は以下の通り。

日本語 日本語(関西弁)
友達、スポット等を検索 友達、スポット等を検索せえへん?
今どんな気持ち? なにしてるん?
いいね! ええやん!
コメントする つっこむ
シェア わけわけ

デスクトップ版の設定方法は、ニュースフィード右側のコラムの一番下に表示されている、言語をクリックし「日本語(関西)」を選択するか、画面右上にある逆三角をクリックして「設定」、「言語」、「編集」と進み言語を選択すれば設定できる。

モバイルブラウザ版では、ページ左上に表示されている三本線のナビゲーションバーをタップし、「アカウント設定」、「一般」、「言語」と進み、利用可能な言語の一覧から「日本語(関西)」を選択すれば使用できる。

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事