埼玉県に、子育て応援戸建住宅「+Child firstの家」がオープン

埼玉県に、子育て応援戸建住宅「+Child firstの家」がオープン

埼玉県に、子育て応援戸建住宅「+Child firstの家」がオープン

大和ハウス工業は10月4日、おちまさと氏がプロデュースし設計した子育て応援戸建住宅「+Child first(プラスチャイルドファースト)の家」を、埼玉県吉川市の「IKUMACHI(育まち)吉川美南プロジェクト」戸建住宅街区内にグランドオープンした。


「+Child firstの家」は、同社と厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進メンバーのおちまさと氏が、2013年10月から取り組んできた子育て層の視点に立ったコンセプトハウスのプロジェクト。「子育てのために何もあきらめない、新発想の家づくり」をメインコンセプトに、子どもの安全・健康に配慮した設備提案、親子の時間を共有していくためのアイデアや子どもの成長にあわせて間取りを変更する工夫、夫婦だけの生活も大切にする工夫など、55項目の“子育てアイデア”を盛り込んでいるという。


住環境には、「住まいと家族みんなが、いつまでも仲良くあるための空間づくり」を目指した同社独自のデザインコンセプト「フレンドリーデザイン」を全11種類採用。子どもを危険から守るための機能をあらかじめ備えているほか、「マグネットコンセント」などキッズデザイン賞アイテムも採用している。


また、子どもが最もケガをしやすい階段に近づけないように、階段スペースと子育てスペースを切り離す鍵付の仕切り扉を設置。子どもの顔に熱風がかからないよう排気口をなくした食洗機や、お湯を溜め置きした浴槽への転落を抑止する「チャイルドロック付扉」も設けている。


さらに、2階には子育てスペースと完全に切り離した大人のための「セカンドリビング」を用意。その一方で、親子で利用できるスマートデスクと伝言板・お絵かきコーナーとして利用ことができるマグピタボード設けるなど、親子で並んで作業ができるのでコミュニケーションの場も取り入れているという。なお、おちまさと氏との協働では、家事を軽減するロボット掃除機の充電基地や、忙しい朝でもそれぞれゆっくりつかえる2ボウル洗面台など、住宅メーカーの概念にとらわれない自由な発想から生まれたアイテムが登場したとのこと。


同社では今後、「IKUMACHI(育まち)吉川美南プロジェクト」戸建住宅街区で、「+Child firstの家」のアイテムを採用した分譲住宅を建設・販売する予定。あわせて、コンセプトハウス「+Child firstの家」のノウハウを同社戸建住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」の設計等に活かしていくという。IKUMACHI吉川美南の詳細は、公式ページから見ることができる。


本記事は「マイナビ賃貸」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

2017年4月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事