実はそれ、勘違いかも? 猫のしぐさに隠された猫の本音

 

素直で感情が分かりやすい犬と比べると、やはり「気まぐれ」な印象を持ってしまうのが、猫です。猫好きにとっては、そこが何よりの魅力でもあるのですが…猫の気持ちを理解できたら、より楽しい生活が送れるはず。猫のしぐさに隠された本音を、紹介します。

■しっぽをピン

しっぽをピンとまっすぐ上にたて、人間の方に近づいてくる猫。こんなしぐさは、基本的には猫からの愛情の証です。嬉しいときや甘えたいときに見られるしぐさですが、時には「ごはんちょうだい」や「お水がほしい」「一緒に遊ぼう」など、要求のサインである場合も…。状況から、猫の要求を判断してあげてください。

■しっぽをゆらゆら

猫を観察していると、時折見られるのがこのしぐさです。右に左に動かしたり、ときどきぴたっと止めてみたり…。こんなとき、猫は非常にリラックスしています。そこが猫にとっての、一番お気に入りの場所なのかもしれません。

■しっぽをパタパタ

先ほどとは反対に、猫がせわしなくしっぽを左右に振っていることがあります。こんなとき、猫はその環境に対して不快感を抱いています。犬の場合、尻尾を振るのは喜びの証だと言われていますが、猫の場合は全くの逆。猫を不快にさせている原因を、取り除いてあげてください。

■噛みつく

猫をなでていたら、突然ガブッ。「さっきまであんなに気持ちよさそうにしていたのに…」と、戸惑った経験がある方も多いのではないでしょうか。これは、猫からの「もうやらなくていいよ」の合図です。飼い主にとっては少々ショックな出来事ですが、猫からの意思表示だと受け止めましょう。

また、自分の身体や、カーペットなど身近なものを噛んでしまうときには、猫が強いストレスを感じていると考えられます。周辺環境が悪化していないか、十分にチェックしてみてください。

■仰向けでおいでおいで

猫が床にごろんと寝そべって、こっちに向かっておいでおいでをしているみたいな行動をとることがあります。なんともかわいらしいしぐさですが、これには猫の「一緒に遊ぼうよ」という気持ちが込められています。こんなしぐさは、猫に「仲間」として認めてもらえた証拠でもあります。

ただし同じようなしぐさで、猫が相手を威嚇しているケースがあります。どちらか判断が難しいときには、ぜひ猫の耳に注目してみてください。猫の耳が横に寝ていたら、緊張している証です。

■口元をぺろぺろ

何かを食べたわけでもないのに、猫が口元をぺろぺろ。これは、猫の心の中に何か気になることが潜んでいるサインです。飼い主に怒られるのでは…と緊張し、不安を感じているのかもしれませんし、猫の興味を強く引くようなものが、目の前にあるのかもしれません。何が猫の気を引いているのか、推察してみてはいかがでしょうか。

こうして猫のしぐさを観察してみると、いかに感情豊かな動物か、分かるのではないでしょうか。ぜひ猫からのサインを上手にくみ取って、猫に好かれる自分を目指してみてください。

(画像提供元:うだま)

関連キーワード

人気記事

一覧

2016年6月26日の運勢

イチオシ記事

新着記事

「銀魂」財布は銀さんや土方など全4種、苺パフェやマヨネーズがアクセント
[23:37 6/26] ホビー
池田乾の「セバスチャン」2作品、最終巻が同時発売!特典も
[23:15 6/26] ホビー
【レポート】「下手くそなりに体を動かして、生駒と一緒にあがきたいです」-『甲鉄城のカバネリ』トークショーに生駒役・畠中祐が登場
[23:00 6/26] ホビー
「キン肉マン」の"完璧・参式"ミラージュマン、新シリーズから初フィギュア化
[22:35 6/26] ホビー
ミス・モノクローム、真夏の店頭抽選会ツアーの開催決定! 旧譜フェアも開催
[22:30 6/26] ホビー