パイオニア、国内初となるApple CarPlay対応の車載用AVメインユニット

パイオニアは10月3日、Apple CarPlayに対応したAVメインユニット「SPH-DA700」を発表した。発売は10月中旬で、希望小売価格は90,000円(税別)。

「SPH-DA700」

SPH-DA700は、アフターマーケット向けのカーエレクトロニクス機器としては、国内で初めてApple CarPlayに対応した製品。iPhoneを接続することで、Siriによる音声認識とSPH-DA700のタッチパネルでの操作で、電話やメッセージの送受信、音楽再生、ナビなどの機能を操作できる。

また、車載用のGPSレシーバーを内蔵しており、iPhone単独で行う場合よりも高い精度で測位を行うことが可能だ。iPhone/ iPod以外に、USBメモリなどのUSBデバイス、Bluetoothデバイス、FM/AM放送に対応。Bluetoothのバージョンは3.0だ。

USBデバイスからの音楽再生時、楽曲と楽曲の間を自動でつないでリミックスを行う「MIXTRAX」機能を新搭載。楽曲情報を元に曲のBPM(テンポ)を自動的に合わせ、エフェクトを加えることで、ノンストップのリミックス再生が可能だ。また、MIXTRAX機能では、スライダーによるBPMのコントロールや、曲のつなぎ方の調整を行うこともできる。

パワーアンプにはPower MOS FETを採用しており、最大出力は50W×4。車内のスピーカーと運転者の距離差を補正する「6chタイムアライメント」機能も搭載している。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事