キヤノン、AVCHD対応に進化した"自分撮り"向けビデオカメラ「iVIS mini X」

 

キヤノンは10月2日、1,920×1,080ドット/60i記録対応のデジタルビデオカメラ「iVIS mini X」を発表した。発売は10月16日で、価格はオープン。キヤノンオンラインショップでの直販価格は38,800円となっている(税別)。

「iVIS mini X」

関連記事
米キヤノン、AVCHD対応になった"自分撮り"DVカメラ新機種「VIXIA mini X」(2014年1月8日)

2013年9月に発表された「iVIS mini」の後継モデルで、米国では2014年1月に「VIXIA mini X」という名称で発表されていたモデル。「iVIS mini」は趣味を楽しむ自分の姿や、家族・仲間と一緒に過ごす様子を撮影しやすいように、焦点距離16.8mm(35mmフィルム換算、MP4動画記録時)の超広角レンズや自立スタンド、2軸ヒンジのバリアングル液晶モニターを備える。

動画記録が新たに1080iのAVCHDに対応(「iVIS mini」ではMP4形式のみ)したほか、音声形式もリニアPCMに対応。高音質記録が可能になったほか、バッテリー容量が1,910mAhへと大幅に増えて「iVIS mini」の約2.5倍となる約2時間40分の連続撮影が可能となっている。

そのほか、Wi-Fi(無線LAN)接続に対応しており、撮影した動画をYouTubeやFacebookにアップロードしたり、スマートフォンやタブレット端末と連携したりすることが可能だ。専用アプリ「CameraAccess plus」をインストールすれば、外出先からスマートフォンなどを使ってリモート操作を行うこともできる。

撮像素子は総画素数約1,280万画素の1/2.3型CMOSセンサーで、映像処理エンジンは「DIGIC DV 4」、有効画素数はAVCHD記録時で最大約829万画素(ワイド時)MP4記録時で最大約899万画素(同)、レンズはMP4記録時で焦点距離16.8mm、AVCHD記録時で17.5mm、静止画撮影時で15.4mm(いずれも35mmフィルム換算時)の固定単焦点、開放F値はF2.8。約1,200万画素の静止画撮影も可能となっている。液晶モニターは2.7型・約23万ドットのタッチパネル方式。

サイズは約W82×D109×H30mmで、重量は本体のみで約205g、バッテリーとカードを含む状態で約240g。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「デビットカード」ってどんなカード?
[07:00 7/29] マネー
米利上げ見通しは過小評価されていないか
[07:00 7/29] マネー
ねこのはなしをしようか 第17回 網膜が焼ける
[07:00 7/29] 趣味
熱中症になったことがある人は54% - 意外と知られていない対処法は?
[07:00 7/29] ヘルスケア
ふるさと納税、認知率はほぼ100%も実施率は10%にとどまる - なぜ?
[07:00 7/29] マネー