楽天スーパーポイントが実店舗でも利用可能に - 楽天ポイントカード開始

楽天は10月1日、「楽天スーパーポイント」の共通ポイントサービス「Rポイントカード」を開始した。

Rポイントカードのサービスは、楽天市場などのオンラインサービスで提供していた楽天スーパーポイントを実店舗でも使えるようにしたもの。加盟する12社・団体が運営する全国約1万3,300以上の実店舗でサービスを提示する。

Rポイントカードは、加盟店の店頭で入手し、専用サイトに番号を登録することで、自分の楽天IDに紐付ける。これにより、オンラインと実店舗の両方でポイントの獲得したり、貯めたポイントを1ポイント1円で支払える。

また、一部店舗ではクレジットカードの「楽天カード」や電子マネーの「楽天Edy」を決済に利用することで、ポイントの二重取りが可能になる。楽天EdyとRポイントカードを一体化させた「Edy-Rポイントカード」の提供も開始する。

10月初旬にiOSとAndroid向けの無料アプリも提供する予定。スマートフォンを使用することで、カード本体を持ち歩くことなくRポイントカードの利用が可能になる。

対応店舗は、サークルKサンクス、ポブラ、大丸松坂屋百貨店、ミスタードーナツ、プロント、パレットブラザ、55ステーション、ミュゼプラチナム、アリさんマークの引越社、引越しは日通、釧路商店街などがある。なお、店舗によってポイント還元率が異なる。また、サービス開始時はポイントの付与のみで、支払いができない店舗もある。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事