パナソニック、ブルーとブラウンの小型ミラーレスカメラ「LUMIX GM1S」

パナソニックは10月1日、ブルーとブラウンカラーの小型ミラーレス一眼カメラ「LUMIX GM1S」を発表した。2013年11月に発売した「LUMIX GM1」を新色にリニューアルし、新機能を追加した製品となっている。LUMIX GM1Sの発売は11月13日。価格はオープンで、推定市場価格は税別76,000円前後。

マウントはマイクロフォーサーズマウント。レンズは「LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.」が標準で付属する。

LUMIX GM1S-A(ブルー)

LUMIX GM1S-T(ブラウン)

LUMIX GM1Sの基本仕様はLUMIX GM1を踏襲しており、サイズは約W98.5×D30.4×H54.9mm、重量は約173g(本体のみ)と、レンズ一体型のコンパクトデジタルカメラ並みのボディもそのまま。有効1,600万画素の4/3型Live MOSセンサーとヴィーナスエンジンによる高画質やAF性能などを引き継いでいる。

新機能として、複数の動画カットをスマートフォンに転送してショートムービーを作成する「スナップムービーモード」、本体内蔵のWi-Fi機能によるSNSへの直接アップロード、QRコードによるスマホとのWi-Fi接続設定を追加した。

クリックで拡大とスライドショー

対応感度がISO200~ISO25600(拡張設定でISO100に対応)、シャッター速度が1/16,000~60秒(静止画)。背面のモニターは約104万ドット・3型の液晶方式(タッチパネル)、利用可能な記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-Iカード対応)、動画撮影時の記録画素数は最大1,920×1,080ドット/60i。バッテリーはリチウムイオン充電池、CIPA準拠の撮影枚数は約230枚となっている(付属レンズ装着時)。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事