パナソニック、4/3型MOSセンサー搭載コンデジ「LUMIX LX100」を国内で発表

 

パナソニックは10月1日、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX(ルミックス)」シリーズの新モデル「DMC-LX100」を発表した。発売は11月13日で、価格はオープン。推定市場価格は103,000円前後だ(税別)。

「DMC-LX100」

関連記事
パナソニック、レンズ一体型でシリーズ初の4/3型MOS搭載「LUMIX LX100」(2014年9月15日)

大口径レンズと大型センサー(撮像素子)の搭載が特徴的な「LUMIX LX」シリーズの最新モデルで、レンズ一体型の「LUMIX」シリーズとして初めて4/3型MOSセンサーを搭載する。海外では、2014年9月にドイツで開催された「Photokina 2014」において発表されていた。

4/3型MOSセンサーの描写力を最大限に引き出すため、レンズには専用設計された開放F1.7(広角側)のLEICA DC VARIO-SUMMILUXを採用する。AFも最速0.14秒と、快適な撮影を実現(EVF使用時)。また、コンパクトなボディでありながら、高精細表示のEVF(電子ビューファインダー)や各種設定を行えるリング、ダイヤルを豊富に搭載する。ダイヤルではシャッター速度、露出補正の設定を行うことが可能だ。

そのほか、4K解像度(3,840×2,160ドット)/30pでの動画撮影機能や、Wi-Fi接続機能を搭載。4K動画から約800万画素での静止画切り出しに適した動画撮影を行える「4Kフォトモード」も備えている。なお、NFC(近距離無線通信)機能を搭載しており、対応スマートフォンをかざすだけでWi-Fiの接続設定を行うことが可能だ。

主な仕様は、撮像素子が有効1,280万画素の4/3型高感度MOSセンサーで、レンズが焦点距離24~75mm(35mmフィルム換算時)の光学3.1倍ズーム・LEICA DC VARIO-SUMMILUXレンズ、開放F値がF1.7~F2.8、対応感度がISO200~ISO25600(拡張設定でISO100を利用可能)、シャッター速度が最高1/4,000秒(メカニカルシャッター)、1/16,000秒(電子シャッター)、連写速度は秒間11枚となっている。背面モニターは3型・92万ドットの液晶方式で、EVFは276.4万ドット表示の液晶方式。

バッテリーは専用リチウムイオン充電池で、CIPA準拠の撮影可能枚数は約350枚(背面モニターでの撮影時)。本体サイズはW114.8×D55×H66.2mm(突起部を除く)、質量は本体のみで約351g、バッテリーとメモリーカードを含む状態で約393g。

フォトギャラリー(クリックで拡大とスライドショー)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

医師らと共同開発! NY発の機能性バッグを体験できるフェア開催
[10:33 9/30] ヘルスケア
近鉄、スマホなどから会員登録不要で特急券などが購入できる新サービス
[10:30 9/30] 企業IT
フジ社屋や大観覧車・自由の女神も - 臨海副都心全体がピンクにライトアップ
[10:30 9/30] エンタメ
山谷花純、木村拓哉・月9『CHANGE』デビューから9年目での初主演 - 母がくれた"カスミソウの花言葉"を胸に
[10:30 9/30] エンタメ
Google、「Android Wear 2.0」の正式版リリースを来年前半に延期
[10:24 9/30] スマホとデジタル家電