ヤクルト、ヤクルトレディが携帯する情報端末に「iPod touch」を採用

ヤクルトは9月30日、ヤクルトレディが携帯する情報端末に、Appleのポータブル・メディア・プレーヤー「iPod touch」を採用し、10月より順次全国導入を進めると発表した。

同社は、2002年より商品の販売管理を目的とした業務用の専用端末を採用しており、現在約1万3,000人のヤクルトレディが活用している。

iPod touchは販売管理機能の充実に加え、ヤクルトレディの教育ツール、お客さまとのコミュニケーションツールとしての機能拡張が可能なほか、従来の専用端末に比べ、視認性や操作性の向上、軽量化(現行の機種と比較して約70%の軽量化)などによるヤクルトレディの労働負荷軽減も期待できる。

同社はiPod touch導入を契機に、健康情報や商品情報を各端末にタイムリーに配信し、ヤクルトレディから顧客により良い情報を伝える仕組みを構築する。

iPod touchの導入イメージ

ヤクルトが導入するiPod touchの商品リスト

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事