チンパンジーの同種殺し、人間の影響ではなく適応戦略 - 京大が発表

京都大学はこのほど、チンパンジーに見られる同種間の殺しが、生息地の破壊や餌付けなどの人為的かく乱の結果として表れているものではなく、食物や配偶相手などの資源を得るための雄の適応戦略であることを証明したと発表した。

同成果は同大学霊長類研究所の松沢哲郎 教授、同 古市剛史 教授、同 橋本千絵 助教、同大学野生動物研究センターの中村美知夫 准教授、 同 伊藤詞子 研究員らとミネソタ大学のMichael L. Wilson 准教授の研究グループによるもので、9月17日付け(現地時間)の英科学誌「Nature」に掲載された

チンパンジーでは、集団間、集団内の同種間の殺しや共食いがしばしば報告されている。研究者によっては、これをチンパンジーの雄の繁殖戦略の1つだと考え、ヒトとチンパンジーがともに共通祖先から受け継いでいる攻撃性の表れだとしている。一方で、これが餌付けなどの人為的影響の結果として表れる行動だとする研究者もおり、チンパンジーによる同種殺しとヒトに見られる戦争や殺人行為を安易に結びつけて考えることに対して批判があがっている。

同研究グループはこれらの仮説の検証を行うために、50年間にわたって研究されたチンパンジー18集団およびボノボ4集団から得られた情報をまとめたところ、チンパンジーでは15集団で152件の殺し(観察例58件、推定例41件、疑い例53件)が認められた一方、ボノボでは疑い例が1件のみだった。

さらに、多くの例では雄が加害個体および被害個体であり、集団間の攻撃に関わる殺しが多く、加害個体数が被害個体数を大きく上回っていること、殺しの発生率の変異は人為的影響の指標とは無関係であることが判明したという。

同研究グループはこの結果について、チンパンジーと共通の祖先から進化したボノボでは疑い例が1件あっただけだったことから、同種殺しというヒトにも共通する行動が祖先から受け継いだ行動特性なのか今回の研究からはわからないとしながらも、「この研究で従来の論争に結論を見たことで、ヒト科における同種殺し行動とその抑制のメカニズムの進化の研究が、今後さらに進むことが期待される」とコメントしている。

隣の集団の声を聞きつけ、徒党を組んで戦いに向かうチンパンジーの雄たち

ウガンダ共和国で発見された、隣接集団の雄たちによって殺されたと考えられるおとなの雄



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事