ドコモら3社、翻訳技術の開発会社「株式会社みらい翻訳」を10月設立

  [2014/09/29]

NTTドコモは29日、フュートレック、韓国のシストランの3社で翻訳技術の開発およびサービス提供を行う合弁会社「株式会社みらい翻訳」を10月に設立すると発表した。従来の日常会話だけでなく、ビジネス分野でも利用できる高精度な機械翻訳技術・ソフトの開発を目指す考え。

2020年までに外国人の来日、日本人の海外渡航や企業の海外転換などがさらに増加すると見込まれ、NTTドコモら3社は各社のリソースを生かして機械翻訳技術・ソフトの開発などを行う新会社を設立する。「はなして翻訳」のサービス提供実績を持つドコモ、翻訳ソフト業界最大手のシストラン、音声認識。翻訳システムの開発実績を持つフュートレックが新会社に関わる。新会社の資本金は9億9,000万円で、出資比率はドコモが51%、シストランが30%、フュートレックが19%。

開発するソフトは、日常生活においては、買い物、観光、交通等の翻訳サービスなど、ビジネス利用では、法律、教育等、専門分野の同時通訳や社内文書の翻訳サービスを展開していく。

目指すサービスと利用シーン

新会社設立当初は、英語、中国語、韓国語を中心にソフト開発とサービス提供を行う。将来的にベトナム語、タイ語、インドネシア語なども対象にする。ソフト開発にあたっては、情報通信研究機構(NICT)の多言語翻訳エンジン、日本電信電話(NTT)の日本語解析処理に基づいた機械翻訳技術もあわせて活用する。新会社には3社から社員を派遣するとともに、技術エンジニアの募集も行っていく。 (記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事

NXP、コネクテッド・カー向け小型パッケージ・パワーMOSFETの新ライン
[14:55 5/31] テクノロジー
【ハウツー】新聞紙で拭けばスマホがピカピカになる!? - いまさら聞けないAndroidのなぜ
[14:52 5/31] 携帯
大野智、時代劇初主演で忍びに! 「社長役から忍者役で新しい自分出したい」
[14:21 5/31] エンタメ
魚の求愛行動を促進するフェロモン「PGF2α」の受容体を発見 - 理研など
[14:12 5/31] テクノロジー
【特別企画】韓国情報保護学会において優秀企業代表表彰を受賞 - ペンタセキュリティ
[14:04 5/31] 企業IT