NTTアイティ、Web会議「ミーティングプラザ」に事業継続メニューを追加

 

NTTアイティは、Web会議サービス「ミーティングプラザ」に新メニューを追加。最大128拠点の同時接続が可能で、災害などの出社困難時に請求額の上限を月額9万8000円(税抜)とする「ミーティングプラザ BCPあんしん128」を10月1日に提供開始する。

NTTアイティのミーティングプラザは、3000社以上の導入実績を持つWeb会議サービス。インターネットまたは電話網を経由して、PC、携帯電話、スマートフォン、タブレットでWeb会議が行える。

新メニューのミーティングプラザ BCPあんしん128は、通常の利用時は128拠点まで同時接続可能で、震度6強以上の地震が日本国内で発生した場合には、その月と翌月のご請求金額が上限9万8000円(税抜)となるもの。契約で最大1280個のアカウント登録が可能。基本料金は8時間の利用料を含む月額9000円(税抜)、超過料金は1端末当たり15円/分(税抜)。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事