猫が喜ぶ触り方をマスターしておかないと大変なことになる

 

触り方が上手ではないと猫は不機嫌になる

猫と上手に接するには、いくつかのコツがあります。頭に入れておくだけで、猫ともっと仲良くなれることでしょう。今回紹介するのは、猫が喜ぶ触り方、猫が嫌がる触り方についてです。マスターしておかないと、猫と仲良くなれないばかりか避けられるようになってしまうことも…!! 猫と触れ合う前に、しっかりとコツを頭に入れてみましょう。

■猫が喜ぶ触り方…タイミングが大事

まず大切なのは、猫が喜ぶタイミングを見極めるということです。猫はマイペースな生き物。自分が触られたいとき以外の触れ合いは、基本的に好みません。猫に触れるのは、猫がかまって欲しそうに近寄ってきたときがオススメです。こんなときに思う存分触れてあげれば、きっと猫も満足するはず。「自分が触りたいとき」ではなく「猫が触って欲しいとき」を意識してみてください。

■猫が喜ぶ触り方…正しい順番とは

いくら猫が「触っていいよ」と言ってくれても、突然頭の上から手を伸ばすのは、猫を驚かせてしまう可能性が大。きちんと順番を守り、猫を怯えさせないようにしましょう。まずは猫が見えるところから手を出し、人差し指であごの下や首を撫でてあげるのがオススメ。リラックスしてきたら、顔や耳の裏も猫が喜ぶポイントです。できるだけ軽く、優しいタッチで触れてあげましょう。

■猫が嫌がる触り方…ここはNG

猫には「あまり人には触られたくない場所」も存在します。こんな場所を突然触ろうとする人間は、猫に嫌われやすいと言えるでしょう。具体的なポイントは、お腹やしっぽ、前足の先など。お腹は内蔵に近いことから多くの動物が隠そうとする部位ですし、猫のしっぽには細かい神経が通っています。前足の先は鋭い感覚を持っているので、触れられるのを嫌がる猫が多いようです。

■猫が嫌がる触り方…猫によって違う

猫によって好き嫌いが分かれるのが、背中です。背中を撫でられるのが何よりも好きという猫もいれば、どうしても嫌がる猫もいるものです。こんなときは、その猫の性格と合わせるのがベスト。まずは「喜ばれる可能性が高い部位」から優しくなでてあげてください。その後、順番に背中にも触れてみます。もし嫌がるなら、避けるようにしましょう。

猫が喜ぶ触り方、嫌がる触り方はいかがでしたか?もちろん猫の性格にもよりますし、また触ろうとする人間との関係性によっても、結果は大きく変わります。徐々に距離を近づけて、猫と仲良くなってみてください。

(画像提供元:うだま)

関連キーワード

人気記事

一覧

2016年7月23日の運勢

イチオシ記事

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー