辻希美、ミニモニ。時代の体重は65キロ「ボタンが飛んだ時もあった」

元モーニング娘。でタレントの辻希美が、16日に放送された日本テレビ系のバラエティ番組『今夜くらべてみました』(毎週火曜23:59~24:54)で、派生ユニット・ミニモニ。時代の体重が65キロだったことを明かした。

モー娘時代の体重が65キロだったこを明かした辻希美

この日は、ゲストとして安倍なつみ、辻希美、吉澤ひとみの卒業メンバー3人が出演し、現役時代のさまざまなエピソードを語った。その中で吉澤が、シャッフルユニット・セクシー8の時に今より体重が15キロ多かったことに触れると、司会のフットボールアワー・後藤輝基が辻に「結構太りやすい?」と話題を振った。

すると、辻は「65(キロ)ぐらいありました」と当時の体重を告白。スタジオから「え~!」と声が上がる中、安倍は「えっ! ウソでしょ!?」、後藤も「今の俺よりあるで!」と驚いていた。辻は「筋肉質なのでたぶん体重が重めに出るんですね」と説明。続けて、「ミニモニ。だったんですけど、跳んだらボタンがパーンって飛んだ時とかあった」と振り返ると、後藤は「そんな典型的なデブのエピソードあるの!?」と突っ込んでいた。

辻は、2000年に石川梨華、吉澤ひとみ、加護亜依と共に同グループに加入し、2004年に卒業。2000年には矢口真里、加護らと共にミニモニ。を結成し、「ミニモニ。ジャンケンぴょん!」などをリリースした。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事