なぜ猫は飼い主のおっぱいをもむのか

 

ソファの上でくつろぐ飼い主さんの上に乗り、両手(?)を使って、上手におっぱいをもみもみ…。こんなしぐさを見たことはありませんか?なんとも幸せそうな顔が、最高にうらやましい…ではなく、なぜ猫は、こんな行動をするのでしょうか。その理由を紹介します。

■子猫のころの習性です

猫が両手を使って、一心不乱にもみもみする行為。これは子猫のころの習性のなごりだと言われています。子猫は母猫からおっぱいをもらって成長しますが、母乳の出を良くするためのマッサージこそが、このもみもみ体操なのです。これは、母猫に対する「おなかが空いたよ」のサインでもあります。母猫に寄り添いおっぱいをもらう時間は、子猫にとって何より安心できるとき。この時間を思い出しているのでしょう。

■柔らかいおっぱいが大好き

子猫の習性は分かりましたが、ではなぜ、猫のおっぱいとは違うはずの「人間のおっぱい」を、わざわざもむのでしょうか。こんな癖を持つ猫は意外と多いものですが、猫が好みやすいのは「やわらかくてあたたかいもの」だと言われています。実際「毛布」や「布団」、飼い主さんの「お腹」を好む猫もいるようです。やわらかくてあたたかく、飼い主さんにべったりできるおっぱいは、猫にとって最高に都合が良い場所なのかもしれませんね。

■眠りにつくときが多い?

さて、多くの猫がこんな行動をしやすいのは、眠りにつく前だと言われています。眠りにつく前のなんとなく不安な時間に、母猫のぬくもりを求め甘えていると考えられます。なんとも幸せそうな顔でもみもみしているのは、猫がリラックスしている証拠です。もしもこんなしぐさが見られたら、母猫同様に心を開いてくれた証拠なのかもしれません。

■寂しさの証拠かも…

もみもみ体操をするのは、必要以上に早い時期に母猫から離されてしまった猫が多いそう。「もっと母猫におっぱいをもらいたかった」「もっと甘えたかった」という気持ちを表しているとも言われます。こうした癖を無理に矯正することは難しいものです。猫がおっぱいをもみもみする時間は、猫とのコミュニケーションの時間だと割り切って、思う存分甘えさせてあげるのもオススメです。満足しきって眠る猫の姿は、飼い主さんにとっても癒やしになってくれることでしょう。

猫が飼い主さんのおっぱいをもみもみする理由は、いかがでしたか?猫の気持ちを理解することで、より円滑な関係を築けるのではないでしょうか。

(画像提供元:うだま)

関連キーワード

人気記事

一覧

2016年8月26日の運勢

イチオシ記事

新着記事

沢村一樹&瀬戸康史バディ再び! 『刑事 犬養隼人』第2弾放送決定
[05:00 8/26] エンタメ
長谷部誠、黒柳徹子の筋肉チェックで心整わず! 『徹子の部屋』初出演
[05:00 8/26] エンタメ
Apple「iOS 9.3.5」リリース、ゼロデー攻撃の可能性がある問題を修正
[04:08 8/26] スマホとデジタル家電
[大野拓朗]朝ドラ俳優が三宅宏実選手にバックハグ
[04:00 8/26] エンタメ
TVアニメ『ダンガンロンパ3』、Blu-ray BOX&DVDのジャケットイメージ公開
[00:00 8/26] ホビー