女性が分からない男性の謎な習性 -「結婚にだけ慎重」「バレる嘘をつく」

 

Q.男性の「ここがわからない」「こういうところが謎」と思うことはありますか?

男友達が結婚して家を買ったらしいって話してたら、「俺より年下で家か……」って、急にブルーになりだした彼氏。結婚じゃなくて家に反応するんだ……? 今回はマイナビニュース会員のうち独身女性200名に、男性の「ここがわからない」と思うところを教えてもらった。

Q.男性の「ここがわからない」「こういうところが謎」と思うことはありますか?

はい 38.5%
いいえ 61.5%

Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)それはどんなことですか? 男性のどういうところがわからないと思いますか?

■性癖について
・「付き合ったらすぐに、やらしいことを考えるところ」(22歳女性/医療・福祉/営業職)
・「一人の女性で満足しない」(22歳女性/学生/その他)
・「体の関係は持つのに付き合わない」(27歳女性/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「誰とでも寝られると言いきるところ」(23歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■恋愛に関する疑問
・「かわいいと思う女性のタイプ」(27歳女性/その他/その他)
・「若ければいいということ」(24歳女性/情報・IT/技術職)
・「結婚にだけ慎重」(27歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■会話のポイントが……
・「連絡がまめじゃないところ」(24歳女性/医薬品・化粧品/技術職)
・「連絡をまめにくれない? でないと返信が無い」(33歳女性/その他/秘書・アシスタント職)
・「LINEの会話が途切れても、次に全然違う話題で話しかけてくること……その前のやつ、返事もらってないんですけど??」(25歳女性/小売店/事務系専門職)
・「こちらがメールで『今度どこか遊びに行きましょう』と誘っても返信が無いのに、具体的に案を出すとのってきてくれる所……普通逆じゃないの? と思う」(27歳女性/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

■相談すればいいのに
・「恋の相談などを男友達などにオープンに話さないこと、もっと第三者の意見を広く聞いて学んでほしい」(41歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「悩みを言わずに抱え込む」(24歳女性/不動産/事務系専門職)
・「すぐに黙り込む、逃げる」(31歳女性/学校・教育関連/技術職)
・「友達に相談できない」(28歳女性/商社・卸/営業職)
・「心配事やストレスがあると1人でこもってしまって連絡を無視されること」(24歳女性/電機/事務系専門職)

■高級品へのこだわり
・「車とかにこだわる」(26歳女性/金融・証券/営業職)
・「時計にお金をかける」(29歳女性/通信/秘書・アシスタント職)
・「給料の額や持っているブランド時計の数などでステイタスを張り合うところ」(30歳女性/小売店/秘書・アシスタント職)
・「実用性のないものでも、かっこいいと思えば大金をはたく……スポーツカーなど狭くて2人しか乗れなくてもそれを買う」(25歳女性/電機/事務系専門職)
・「趣味にたくさん金をかける人とか信じられなあい!」(29歳女性/運輸・倉庫/技術職)

■カッコつけたがる
・「見栄をはること、素直に言わないところ?」(24歳女性/建設・土木/クリエイティブ職)
・「現実性がないところ、口では大きいことを言うのに」(26歳女性/学校・教育関連/技術職)
・「プライドを保つのに必死なところ……そんなことどうでもいいじゃんという場面でも、かっこつけたがる」(27歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「バレる嘘をつくこと」(28歳女性/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「やたら筋肉を自慢してくる」(23歳女性/機械・精密機器/営業職)

■一点集中型
・「物事を同時進行できないところ」(31歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「他に忙しいことができると、恋愛とうまく両立できない」(23歳女性/人材派遣・人材紹介/営業職)
・「仕事、恋愛を両立できない」(25歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

■熱苦しい気質
・「訳のわからないところで『漢気』を大事にしているところ」(25歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「他人の事なのにすぐ感情的になったりアツくなる事です」(28歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「社交辞令で褒めてもすぐに本気にするところです」(31歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)

■その他の謎な習性
・「ズボンの後ろポケットに財布を入れて街中を歩くこと、危なくないのか不思議」(23歳女性/医療・福祉/専門職)
・「家の中で服を着ないところ」(25歳女性/その他/営業職)
・「長身の女子が隣に行こうとすると逃げ出す」(25歳女性/医療・福祉/事務系専門職)
・「電気屋さんに入ると全く出ようとしないところ」(28歳女性/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「トイレの使い方」(22歳女性/生保・損保/販売職・サービス系)

■総評
女性にとっての最大の謎である「男性」。「ここがわからない」「こういうところが謎」と感じた具体的な疑問を教えてもらった。

まずは男女関係についての謎。「好きでもない人とどうしてエッチができるの?」「なぜすぐやらしいことを考えるの?」「なぜ1人では満足できないの?」など、「性」や「浮気」に関する疑問が非常に多かった。また、男性がかわいいと思う女性と、女性が思うタイプは違うのを、疑問に思っている人もいた。「結婚にだけ慎重」なんて、軽く批判めいた意見もあった。

男性特有の会話の短さや無関心な様子も、女性からすると謎で、ちょっと腹立たしいよう。「連絡がなぜマメじゃないの?」「質問に答えない」「返事のタイミングが変」と会話のポイントがつかめず、苦労している女性もいるようだ。また、会話やコミュニケーションをとにかく重視しがちな女性からすると、「なぜ友達に恋愛相談をしないの?」「1人で悩みを抱え込むのは、なぜ?」と不思議でならない様子。男性にしてみれば「なぜ相談する必要がある?」と感じているのだろうが……。

車や時計、ブランド品など、自分のステイタスに関わることとなると、急に見栄をはったり、プライドが高くなるのはどうして? という声も多かった。カッコつけたがるという男性の「競争」本能は、女性にとってはただの無駄に思えてならないよう。また、これ! と思うと直情的になり、「恋愛と仕事を同時進行できない」「すぐ本気にする」といった冷静な意見も並んだ。「なぜいつまでも少年なの?」という意見も。

その他「家の中で服を着ない」「ズボンの後ろポケットに財布を入れる」「やたら電気屋さん好き」など、ちょっとおかしな男性の習性が明らかになった。トイレの使い方、これも確かに女性にとっては永遠の謎、かも。

(文・アリウープ 中嶋絵里)

調査時期: 2014年8月19日~2014年8月24日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 女性200名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※写真と本文は関係ありません

人気記事

一覧

2016年7月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事

2030年に向けた国内大学のパラダイムシフト 第7回 変わりゆく就職戦線 - 戦略転換からみた教育支援の在り方
[11:30 7/25] テクノロジー
胎児もつらいよ! 第5回 違うよママ! ぼく、男の子だってばっ!!
[11:30 7/25] ライフスタイル
ハーゲンダッツカフェが代官山に登場! 夏だけの濃厚アイスの楽しみ方とは?
[11:30 7/25] 趣味
ポケモンGO効果でARソフト市場が2020年に3兆円規模に - TradeForce
[11:22 7/25] テクノロジー
【特別企画】卵を食べ過ぎると○○○は都市伝説だった!? 卵とコレステロールの関係とは
[11:14 7/25] ヘルスケア