江角マキコが逃げのブログ謝罪、福山雅治が大事なところをもまれ… - TVウォッチャーの芸能まるごと1週間

 

熱愛・破局・事件などの芸能ゴシップを中心に、話題満載のワイドショーをイイとこ取りで紹介。これを見れば、1週間分の芸能ニュースを総ナメできる!

※【爽快情報バラエティー スッキリ!!】→【スッキリ】、【情報プレゼンター とくダネ!】→【とくダネ】、【情報満載ライブショー モーニングバード!】→【バード】、【ノンストップ!】→【ノン】、【情報ライブミヤネ屋】→【ミヤネ】と略表記します

9月8日(月)

■「hitomiが妊娠8カ月でパワフルライブ! バツは気にしない」【PON!】

6月に再々婚と第2子妊娠を明かしていたhitomiが母親を対象にしたイベント『MAMA fes』に出演。妊娠8カ月の大きなおなかで、代表曲『LOVE2000』など4曲をパワフルに歌い上げた。ライブ後に「おなかに赤ちゃんがいる(状態で歌う)と、ふだんと感覚が違う」と笑っていたが、さすがにこれが「出産前のラストライブ」という。

かつてhitomiは、2度目の結婚で長女を出産してすぐに離婚したことから、今回の"でき婚"では「バツ3確定」とキツイ言われ方をしているが、本人は至って元気。「38歳で結婚3回、出産2回」の彼女は、古き良き芸能人っぽいとも言える。

■「あのヤザワが『ガルコレ』のオープニングジャック!」【スッキリ】

回を追うごとに盛り上がりを見せる『第19回東京ガールズコレクション』が、さいたまスーパーアリーナで開かれた。さまざまな企画がある中で、最も盛り上がったのは矢沢永吉のサプライズライブ。しかも開演と同時に場内が暗転し、スポットライトが照らす先に矢沢が現れたため、会場のギャルたちは完全に意表を突かれたのだ。

「キャー!」「モノマネ芸人じゃね?」などのどよめきに包まれる中、大スターの矢沢は、客層が違ってもいつも通り。サングラスを外してニヤリ笑うとランウェーを走り、歌い始めた。当然、10代20代ばかりの観客たちが知らない曲なのだが、それでも大熱狂。矢沢パワーとギャルパワーの融合で、会場はものすごい光景だった。たった2曲だったが、これぞ夢のステージかも。

9月9日(火)

■「竹内まりやに独占直撃。なぜ33年ぶりにツアーを?」【ノンストップ】

先日、33年ぶりの全国ツアーを発表した竹内が、「音声でなら」と独占インタビューに応じた。竹内は1978年にデビューし、1981年に突然休養を発表し、翌年に山下達郎と結婚したあとはヒット曲を連発していたが、これまでファンの前でライブを行ったのは数えるほどしかなかった。それだけに、なぜ33年ぶりのツアーを決意したのか?

竹内は、「2010年のライブで(ファンに)『還暦前に会いましょう』と約束しておりましたので、その約束を守るために『やろう』と思いました」と何とも律儀なコメント。また、楽曲作りについては、「普通の日常生活の中で楽曲を制作しています。音楽中心の生活というよりは、お料理、お掃除、雑草を抜きながらなので、身近な世界観になるのかもしれませんね」と主婦の顔を見せた。

ツアーは6都市9公演、ファイナルは12月の日本武道館2DAYS。夫・山下達郎から「体調管理をしっかりして」「歌詞をしっかり覚えて」と言われているそうだが、そのアンチエイジングぶりは健在なのか、注目が集まりそうだ。

9月10日(水)

■「落書き騒動の江角マキコが"逃げ"のブログ謝罪」【ノンストップ】

担当マネージャーに長嶋一茂の家へ「アホ」「バカ息子」などの落書きを指示した疑いがかけられている江角。それ以来、毎日更新していたブログすら書かず沈黙してきたが、ついにコメントを発表した。

13日ぶりに更新されたブログには、「一部週刊誌等の報道により、様々な関係者の皆様に大変なご迷惑とご心配をお掛け致しましたことを、心より深くお詫び申し上げます」とまず謝罪。続いて「私自身、週刊誌でこの件を初めて知った次第で、その後、元マネージャーから私に対し、このような事態をおこして迷惑をかけたとして謝罪の連絡がありました」と身の潔白を主張する。ただ、その上で「しかし、立場上、私の責任も重く感じ、長嶋様には心から申し訳なく思っております」とことわりを入れた上で、「先の報道内容を受けて長嶋様や学校関係者各位にこれ以上のご迷惑をお掛けしないよう、また、現在も心療内科で治療中の元マネージャーや私の子供たちへの配慮もあり、詳しいご説明を差し控えさせていただくと共に、ご説明が遅れたことを重ねてお詫び申し上げます」と締めくくった。

つまり、「これ以上何も言うつもりはない」ということか。子供への配慮は分かるが、元マネージャーに対してわざわざ"心療内科で治療中"と書くところに嫌なものを感じる。ふだんご意見番のようなキャラでズバズバしゃべっているだけに、ブログでの発表には「逃げた」の印象が強い。

■「大フィーバーの錦織圭にボーナス1億円! 年収20億超えも」【ミヤネ】

テニスの全米オープンで日本人初の準優勝を飾った錦織選手の特集が連日組まれているが、この日はお金の話。準優勝賞金145万ドル(約1億5000万円)に加え、ウェアのスポンサー契約を結ぶユニクロが1億円の臨時ボーナスを発表して大きな話題になっている。さらに錦織選手は、日清食品など合計8社ものスポンサー契約があるだけに、まだまだボーナスが加算され、年収は昨年の11億を大きく上回る20億円超えという。

さわやかで若さもあるため広告業界の注目度は高く、CM起用も増えそうだ。元新体操日本代表の恋人女性や、ものまね芸人・しまぞうZがフィーチャーされるなど、まだまだフィーバーは収まりそうにない。

9月11日(木)

■「あの元アイドルが薬物依存の怖さを独白!」【ノンストップ】

ASKAの裁判が行われ注目が集まる中、現在は精神保健福祉士として薬物依存患者をサポートしている元わらべの高部知子がインタビューに応じた。ASKAは20年もの間薬物を使用し、やめてから2カ月が経過したが、実際どんな状態なのか。

「疲れ切った状態だと思います。とにかく眠くて起きていられない。体がだるくなったり、不安になったり、逆にイライラしていたり。ただ、よく『廃人に近いような禁断症状が出る』とか言われますが、日本にそういう人はいません」と具体的に分析。さらに、「問題は心です。『今日一日ガマンできた』という積木のような積み重ねが大事で、一人ではやめられません。仲間がいると支え合えるのですが、芸能人の場合はそれが逆に苦しい。私も経験がありますが、特別であることが自分の価値ですから。『薬をちゃんと飲んだか』口を開けて確認されるくらいなので、芸能人は普通の人の2倍も3倍も苦しいし、異常なストレスがあると思います」と語った。薬物を20年間絶っていたのに、再び使用しはじめてしまったというケースもあるらしい。

高部と言えば、ドラマ『積木くずし』での不良少女役、ベッドで喫煙の"ニャンニャン写真"事件、局部ピアス写真集など過激な話題を提供してきたが、47歳になった今の表情は、デビュー当初の清純派アイドルに近い。

■「西尾アナが妊娠6カ月。日本代表川島がハーフと結婚」【PON!】

かつて「好きな女子アナランキング」で1位に輝いた、元日本テレビで現在はフリーアナの西尾由佳理が妊娠を発表。現在6カ月で来年1月中旬に出産予定という。西尾は2010年に3歳年上のCMプランナーと結婚。結婚4年目で待望の第一子となり、10月末ごろから産休に入る。

一方、サッカー日本代表GKの川島永嗣選手は結婚を発表。相手は27歳の一般女性で、コロンビアとのハーフ美女という。4年前に知人を介して知り合い、交際1年半。「厳しい時期に近くで支えてくれた」と笑顔でノロけた。ただ、「家族ができることで自分自身も守る者ができますし、昨日の試合みたいなことがないようにしっかりと守っていきたい」と前日のベネズエラ戦で痛恨のファンブル失点を喫したことにふれて苦笑い。「ベルギーから帰国して、試合が終わったあとに」と入籍日はあらかじめ決まっていたから、リアルに力んでしまったのかも。

9月12日(金)

■「四十路で初妊娠の虻ちゃんにダンナの態度が激変!」【スッキリ】

先週、妊娠5カ月であることを発表した北陽・虻川美穂子に単独インタビュー。「授かってうれしいんですけど、高齢っていうのをいろいろな資料とかで見ちゃうんですよね……せっかくいただいたチャンスなので」と前日40歳になったばかりだけに心配は尽きないようだ。「お腹が出てきて、毛が生えてきたんですよ」と言って腹を出すと、どう見ても妊婦ではなく肥満のそれ。「ズボンのファスナーが閉まらないのは、どちらのせいか分からない」らしい。

シェフの夫・桝谷周一郎さんにも変化が生まれているという。「主人が車で迎えに来てくれたりとか、たまにご飯作ってくれたりとか、『座りなよ』『重い物持たないで』とか、大事にしてくれているんだな」とバラエティ番組で見せる愛情のないキャラとは真逆だ。

虻川が目指すのは、「家で紅茶教室を開いちゃうようなママ。まずは白い服を着たい。ママタレントのイメージなので」と最後に笑わせた。性別もまだ分からず、仕事は出産ギリギリまで続ける。

■「福山雅治が初の男性限定ライブ! 大事なところをもまれ……」【スッキリ】

福山が初の男性限定ライブ開催を発表。パシフィコ横浜で12月23日に男性、翌24日に女性の性別限定ライブをするという。もちろん男性アーティストによる男性限定公演では史上最大だ。

きっかけは2012年のシングル『GAME』のミュージックビデオ撮影。男性客300人だけでライブ映像を撮ったときの「一体感をもう一度味わいたい」という。ただ、当時ファンとの間にハプニングが発生。「(ファンの人に)大事なところをもみしだかれた。福山の"雅治"の部分を……。人間やっぱり予想もしないことが起こると何も反応ができないんですよね。ただ、さわられてました、ただ、もまれていました」とやっぱり下ネタだった。

「曲目や演出をどう変えるのか?」「下ネタはどこまでヒートアップするのか?」、何より「本当にキャパの1万8000人が埋まるのか?」など興味深い。福山も45歳のおっさん世代だけに、どんな年代の男性が集まるのか、注目を集めそうだ。


今週のワイドショーは、錦織圭選手とデング熱の2大ニュースがジャック。どちらも連日報道されていたが、デング熱に感染した紗綾が11日に仕事復帰すると報道陣が殺到した。

紗綾は症状の深刻さを語りながらも満面の笑み。「40度の高熱が1週間続いた」「手が倍くらいに腫れ上がった」とコメントしているのに、「何の会見だ」と思うほど底抜けに明るいのだ。「Fカップ小学生」として話題になってから9年。露出が減りつつも地道に芸能活動を続けてきたこともあり、思わぬチャンスに力が入っているのではないか。

■木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ評論家、タレントインタビュアー。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超える重度のウォッチャーであり、雑誌やウェブにコラムを執筆するほか、業界通として各メディアに出演&情報提供。取材歴1000人超のタレント専門インタビュアーでもあり、著書は『トップ・インタビュアーの聴き技84』など。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】堀北真希、安定期前の妊娠報道に批判殺到…乙武夫妻が別居 - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5
[21:00 6/26] エンタメ
声優・花江夏樹、TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』OPテーマを9月7日にリリース
[20:54 6/26] ホビー
TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』、第2期の制作決定! 新PVも公開
[20:39 6/26] ホビー
【連載】ハルとアキ 第44回 好きな人と結婚したい
[20:00 6/26] ライフスタイル
アニメ「ステラのまほう」長縄まりあらメインキャスト&ビジュアル解禁
[19:47 6/26] ホビー

本音ランキング