Gmailのアカウント情報500万件が流出か - 複数の米メディアが報じる

 

Googleが提供するメールサービス「Gmail」の、メールアドレスやパスワードなどのアカウント情報、約500万件が流出したと米の複数のメディアが報じている。報道によると、ロシアのビットコインに関するフォーラム式掲示板サイトにて情報が公開されていたという。

報道によると、流出したアカウント情報のほとんどは、ロシア語、英語、スペイン語圏のユーザーのものだったという。また、使われていない無効なものや、5年以上前に使われていたという古いものも多くあった。

こうした報道を受け、Googleは同社の公式ブログで「システムへの不正侵入によって流出したものではない」とし、「流出したGmailアドレスとパスワードのうち、有効なものは2%程度」と主張している。

Googleは公式ブログにて見解を発表

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

キヤノン、EOS 5D Mark IVの発売記念キャンペーン「POWER OF FIVE」
[08:30 8/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】IoTとモビリティがもたらす「つながる」世界はいかにして実現されるか - ハードウェア開発者必見のPCB Systems Forum 2016が、9月8日(木)より開催
[08:30 8/26] テクノロジー
日産「GT-R NISMO」2017年モデル発売 - 日産車で最大のダウンフォース実現
[08:23 8/26] ホビー
[吉田羊]日本版「コールドケース」のポスタービジュアル公開
[08:00 8/26] エンタメ
『デジモンtri.』、第3章ED曲「僕にとって」ジャケ写公開! 『02』一挙放送
[08:00 8/26] ホビー