JR北海道、新型特急車両の開発を中止 - 当面はキハ261系気動車の製作を継続

 

JR北海道は10日、新型特急車両の開発中止について発表した。今後は既存の最新型車両キハ261系気動車の製作を継続する。

写真はキハ261系1000番台

同社は高速化による到達時分の短縮などをめざして次世代の新型特急車両の開発に取り組み、2011年4月から試作車の設計・製作に着手していた。車両形式は「285系特急気動車」で、車両製作メーカーは川崎重工業、製作両数は3両で、複合車体傾斜システムとMA(モーター・アシスト)ハイブリッド駆動システムを採用し、スピードアップと省エネルギー化を両立させるという。この試作車は今月末に落成予定という。

しかし、「現状としては、『安全対策』と『新幹線の開業準備』に限られた『人』『時間』『資金』等を優先的に投入する必要があります」と同社。新型特急車両の開発中止について、「コストとメンテナンスの両面から過大な仕様であること」「速度向上よりも安全対策を優先すること」「従来形式での車両形式の統一によって、予備車共通化による全体両数の抑制と機器共通化によるメンテナンス性の向上が図られること」を理由に挙げた。当面はキハ261系の製作を継続し、老朽化した特急気動車を更新するという。

なお、今月末に落成予定の試作車3両は、「軌道および電気設備を検査する在来線用総合検測車として使用することを含めて具体的な活用方法を検討していきます」とのこと。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

仮想デスクトップの設計構築の落とし穴 第11回 [設計フェーズの落とし穴] 仮想化すればインターネット分離は簡単?
[09:00 8/29] 企業IT
TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』、新EDテーマ「こころ」を花江夏樹が担当
[08:09 8/29] ホビー
[石川恋]グラビアでセクシーなバニーガールに ビキニ姿も披露
[08:00 8/29] エンタメ
2016年上半期の音楽配信売上、前年比112%の256.6億円
[08:00 8/29] マネー
通勤定期の虚偽申請でクビってありえる? - 弁護士に聞いた
[08:00 8/29] マネー

本音ランキング