ドコモ、法人向けサービスで1社1053人分の個人情報の漏洩の疑い

 

NTTドコモは9日、法人ユーザーに保守運用サービスを提供するために取得していた1社1053人分の社員の個人情報が流出した疑いがあることを公表した。流出した恐れがあるのは、法人名、業務用携帯電話番号、業務用携帯電話番号の利用者名、個人宅住所。

同社では、流出した疑いがある情報は、法人の利用者に保守運用サービス「法人モバイル管理サービス」を提供するために取得している管理情報の一部と見られている。管理情報は主に勤務先の情報となるが、今回の1社については、個人宅住所を含む情報が含まれていたという。

流出の原因については、外部からの不正アクセスによるものではないとし、同社では全容解明に向けた社内調査を進めていく。同時に捜査機関にも相談をしており、被害届の準備も進める。

本件を踏まえて、同社では、目的外の検索やアクセスを検出および防止するため、業務の見直しとともに、システムのセキュリティレベルの高度化を実施した。さらに、再発防止策に取り組んでいく。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

船越英一郎、亡き父が演じた役に挑戦 -『黒い十人の女』を連ドラでリメイク
[06:00 7/29] エンタメ
ソニー、電池事業を村田製作所に譲渡へ - 具体的な対象範囲は今後精査
[06:00 7/29] テクノロジー
うーさん 第9回 うさん
[06:00 7/29] ライフスタイル
山本舞香、髪をバッサリ切ってイメージ一新!蕎麦職人になりたい家出娘に
[05:00 7/29] エンタメ
[福士蒼汰]主演映画で大阪弁に挑戦 “やすきよ”漫才で勉強
[05:00 7/29] エンタメ