ダレノガレ明美、機内での仰天行動にスタジオ騒然! マネージャー「迷惑」

モデルでタレントのダレノガレ明美が、4日に放送された日本テレビ系トーク番組『ダウンタウンDX』(毎週木曜22:00~23:00)で、担当マネージャーから「飛行機に乗るとうるさい!」と暴露された。

「とにかく飛行機と高いところが苦手」というダレノガレ明美

関係者の"内部告発"により、芸能人のプライベートな一面が明かされるコーナーで、ダレノガレの担当マネージャーは「うっとうしい一面を暴露します」と切り出し、「何よりも飛行機が怖いらしい。乗っている間は常にビビっていて、ギャーギャー騒ぐんです。パイロットが若めの人だと『あのパイロット若すぎるでしょ!』『ちゃんと運転できるの!?』と大声で言ったり、飛行機が気流でガクッと揺れようものなら『怖い~!』『降ろして~!』と騒いだりします」と暴露。「とにかくうるさいし恥ずかしいし、周りに迷惑なんです。正直、ダレノガレとは一緒に飛行機に乗りたくありません!」と不満をぶつけた。

ダレノガレは「えー! うそー!」とショックを受けながらも、「とにかく飛行機と高いところが苦手」と認めた。以前ブラジルに行った際も到着するまでの40時間は一睡もしなかったという。機内に入って、まずすることはパイロットのチェック。そして、飛行中も映画などは観ることなく、機内の様子や窓から見える羽に異常が起こってないかを確認し、「何かあった時に指示できるように」と常に監視。不審な物音でも客室乗務員を通じて「パイロットに伝えてください」と頼むことがあるというダレノガレに、スタジオからは驚きの声が上がっていた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事