インターコム、外出先での送受信に対応したFAXサーバ

  [2014/09/03]

インターコムは、FAXサーバソフトの最上位機種「まいと~く FAX Center エンタープライズ」を2014年12月に発売する。マルチデバイス環境で使えるWebブラウザ操作に対応したほか、外出先から電子メール経由でFAX送信を可能にしたのが特徴。価格は、ソフトウェアとハードウェア、保守サポートがセットになった基本パックが174万円から。

「まいと~く FAX Center エンタープライズ」システム構成イメージ

同製品は、累計1万2000社の導入実績を誇るFAXサーバソフトの最新版。クライアント側のFAX送受信や管理者側の各種作業をWebブラウザ経由で行えるようにしたことで、わざわざFAX機まで行ってFAX送信したり、受信FAXを仕分けしたりする必要がなくなった。

取引先からの急な依頼で外出先からFAX送信が必要になった場合でも、FAX原稿を電子メールの添付ファイルで送れば取引先へFAX送信が可能。FAXのためだけに帰社するといった手間を省ける。

そのほか、通信費が安い送信経路を自動選択するLCR機能を搭載。東京と大阪など複数拠点にFAXサーバを設置することで、FAX送信時に自動で通信費の安い経路(FAX番号が大阪06の場合は大阪に設置したFAXサーバ)を選択してFAX送信でき、コスト削減が図れる。

さらに2015年3月には、障害発生時に自動リカバリする冗長化オプションを搭載する予定。管理サーバやFAXサーバに障害が発生した場合でも、他のサーバへ自動で切り替えて運用を継続できる。



IT製品 "比較/検討" 情報

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

マイナンバーカードを利用した「オンライン本人確認サービス」 - GMOグローバルサイン
[18:09 5/25] 企業IT
名古屋鉄道デキ400引退! 「ありがとうデキ記念乗車券」など6/4から販売開始
[18:08 5/25] ホビー
四日市あすなろう鉄道新260系、ローレル賞を受賞 - 厳しい条件の克服が評価
[18:03 5/25] ホビー
テクトロ、アナログ/任意/デジタルを統合した3in1波形ジェネレータを発表
[18:02 5/25] テクノロジー
ブルース・ウィリス最新作、6月25日公開! スリリングな予告映像も
[18:00 5/25] エンタメ

特別企画 PR